徳島 学童保育
安宅学童クラブ
放課後学童教室
幼児教室

徳島市内の
幼稚園
保育所
小学校

来春 
小学新1年生
募集 開始しました
徳島県総合選抜高校
国公立大学進学
公務員等の就職を
ご希望の親御様は
ご考慮下さいませ 
ご予約はお早めに

徳島市立福島幼稚園
徳島市立渭東保育所
徳島市立福島小学校
徳島市立城東小学校
徳島市立沖洲小学校



更新 2016.12.11

手間と時間をかけて
教えます

今日の
言葉

無理やり勉強を
教えても
うまくいかない
自分から
やりたいと
おもわなければ
勉強とは
できないものです

親御様と
お子様の
勉強に対する
なっとくが
一番
大切です


ここは
知的レベルを
高める
ための
学童と塾
です

幼児塾も
やっています

ある
徳島市立
高校生を
教えてみて
痛感した

いまなら
まだ
間に合う
かも
知れないが




徳島大学
工学部に
入りたい
そうである

いかに
日頃の勉強に
おいて
基礎学力が
重要で
あるかを
痛感しました

記憶の
出し入れを
自由にしてあげる
ことが

いかに
大事で
あるかと
いうことを
痛感した

試験では
本番で
考えるようでは
駄目で
ある

ある程度
似たような
問題を
事前に
やっていて

犬の
お手と
おかわりの
ように

繰り返し
訓練して
おくことが
重要である

試験直前に
一夜漬けの
習慣をつけるのではなく

虱潰しのように
山を張らず
日頃から
毎日
試験勉強をする
習慣を
形成する

人間は
知るために
産まれてきた

勉強とは生涯
続くものであると
教え込む

ある意味で
試験とは
高度な
記憶の
再生
である

受験問題には
出題者の
「発想の種」
があることを
教える

問題の中には
既に答えが
潜んでいることを
教える

試験では
「いることはする」
「いらんことはするな」

頭の中に
叩きこむ

大学の二次試験は
落とすための
試験であり
学校のテストの
ように
部分点はないものと
考えさせる

正答を絞り出させ
減点されないような
答案を書かせる
ようにする

正確さと
速さと
美しさ
エレガントさ

試験では
重要である

テストにおける
減点法

消去を
おしえる

木は森の中にかくす
法則を教える

基本対象形や
ケーレー・ハミルトンの
次さげの公式

マルコフニコフの定理

富める者は
益々富
失う者は
益々
失う法則を
教える

国公立大学に
進学したいのであれば
勉強は
早くはじめる
ほどよい

いう
考えに
至った

将来
お子様を
徳島総合選抜
高校
国公立大学
を経て

国家公務員
地方公務員
団体職員
医師
教師
看護師
医療関係者
弁護士
大学教員
米国留学
研究者
レベルの
知的職業に
つかせたい
親御様
お子様は
おこしください

安宅学童クラブは
幼児・小学生
無料体験
できますが

中高生については
簡単な
無料入塾テスト
があります

ここは
お子様の
基礎学力の形成と
将来
国・県・市
公務員
団体職員
レベルの仕事を
するための
学童・塾です

暗記について

基礎の基礎から
ゆっくりと
確実に
勉強させます

基礎を繰り返し
基礎学力を
習得させます

お子様の
知的能力を
高めます

お子様の
自由意思を
尊重
いたします

なるべく
高校生の
ような
ちいさな
字をかかせる

具体的には
5mm×5mm

ワープロの
ような
他人に
読みやすい
文字を
高速で
書かせる
ようにする

漢字は
鉛筆でも
とめ
はね
はらい
などの
「永字八法」

「連綿」

従った
書き方を
教え
練習させる

分数や
割り算の横棒

ルート記号の
横棒や
グラフは
定規を
つかって
書かせる
ようにする

筆箱の中には
分度器
コンパス
三角定規
ルーラー
赤鉛筆

入れておく
習慣を
形成する

日頃から
少しずつ
漢字クイズを
する

本のタイトルとか

読ませてみて
よめなかったら
すぐ
教える

これを何回も
親御様が
気が付いたときに
思い出したように
繰り返す

同じことが
確実に
できるようにする

親御様が
過干渉で
指示しすぎると
自分のことを
自分で判断できない
こどもに
なるので
Take your time.
貴方の時間を
使いなさいと
時間管理能力を
早いうちから
なんでも
させるようにする

子供をけなさず
いつも
ほめるようにする

子供の大学進学

留学の為の

ための
貯金をする

子供と一緒に
料理をし
親の味を
子供に
教え込む
これは
文化の
継承の
スタート

親の仕事の
苦労した
経験を
早い段階

教え込む

風呂の中で
人生や将来
について
かたり
英単語の
綴りを
言わせる

勿論
風呂の壁には
防水の
五十音や
アルファベット
年表を貼る
これは
勿論
トイレでも
おなじ

南方 熊楠
(みなかた くまぐす)
の話をし
記憶は持って
運べる話をする

エジソンや
ノーベルや
ナイチンゲール
野口英世の
話をする

海底二万哩
西遊記
三銃士
などの
本を読ませる

暗記チェックする
一日
二日
三日
たって
前に教えたことを
どれくらい
おぼえているか
チェックして
いえなかったら
すぐ
おしえる
親御様の
知っている
人生で得た
経験の
重要な
部分を
簡単な言葉で
教訓として
教え込む

因果応報
なさけは
ひとの
ためならず
とか

スキレット
とか
オムネク・オネク
とか
こどもが
あまり
しらない
言葉がチェックに
は最適
親御様が
知っている
言葉なら
なんでも
いい

親の価値観や
カルマや転生
魂は永遠不滅で
あり
死は決して
最後ではない
という
親の生命観を
子供に伝える

案外
刹那的生き方を
選択するものは
広い倫理観や
生命観に
目覚めていない
ものが多い

学校の先生の
いう事や
教科書に
載っている
ことが
全てでは
無いことを
つたえる

新聞やテレビにしても
情報の一部分であり
子供の自身の
頭脳で考え
自分なりの
考えをもたせる

想像の楽しさ
創造の喜び

目覚めさせと
同時に
自分の行動には
責任を持たせる
良いことも
悪いことも
自分の行動が
行動以前の状態に
なかなか
戻せないことを
つたえる

子供の自由意思

選択の自由の
機会をあたえる

自分の人生は
自分の自由意思で
選択決断
しなければ
ならないことを
伝える

人生の
大きな目標を
自分の
自由意思で
もつことを
勧める

同時に
目標がなければ
なかなか
勉強が
進まないことも
つたえる


気分転換や
学習意欲
モーチベーションを
高める方法を
おしえてあげる


アダルト・チルドレンからの
たちなおりや
アルコール・薬物依存
からの回避方法
健康的な食生活
怒りのコントロール
自分の感情と
うまく
付き合う方法
人格を高める方法
愛の法則
人と仲良くする方法
頼みごとをうまく
聞いてもらえる方法
心の法則
「引き寄せの法則」

教えてあげる


記憶を記銘し
記憶を保持し
記憶を再生
させる
練習を
毎日
少しずつ
行う

「にしむくさむらい」
の意味を教える

五十音図を
たてに
よこに
いって・かえって
を繰り返して
よませる

最終的に
ひといきで
五十音図を
縦に行って戻って
横に行って戻って
ができるように
なると合格

「やゆよ」
ではなく
「やいゆえよ」

「わいうえを」
ではなく
「わゐうゑを」
高校古典の
五十音表を
もとにすること

高校生
ウルトラクイズを
親が
子供と一緒に
みて
高校生より
早く
親が
正解を言う
言えればの
話であるが

記憶の記銘
維持
再生を
記憶の
水運び

たとえで
説明すると
ザルみたいな
頭脳の
底にに
サランラップを
しいて
あげて
記憶の水を
ザルの
頭脳でも
運べるようにする

ビール瓶の口の
ように
記憶の水が
頭脳の中に
入っていかないのを
バケツのように
すぐ入れて
すぐ出せて
大量に
運べるようにする

これは
頭脳の
記憶の入口を
毎日
すこしずつ
広げていくしかない

大きな
赤い文字で
大きな
カードにして
言葉
漢字
英単語を
教える

早い段階から
公務員試験用の
適正検査テストを
クイズ形式にして
拡大して
繰り返し
練習する

知能は
すでにあるものでは
なく
開発されるものと
考える

教えれば
誰しも
学力は
上がるものだが
大切なのは
加速度の
問題

直線では
なく
二次関数

ように
加速度的に
学力を
伸ばす
ように
する

知性を
植物だと
考える

あらゆることが
ベストなタイミングで
おこっており

あなたに
必要な
体験をさせてもらえて
その判断は
あなたの
自由意思に
ゆだねられていること

一度
行動してしまうと
それを
元の状態には
なかなか
戻せない
ことを
教えてあげる

人生は
ゲームではなく
崇高な目的が
あり
最近のこどもは
すべてが
リセット可能で
あると
かんがえている
ふしがある

作用と反作用の

カルマの法則
因果応報

それとなく
教える
「後生だから」
とか
「情けは人の
為ならず」

本当の意味を
教えて
あげる

「魔法の糸」
という
本を
よませる
面白い
話が
沢山
のっている

ジャックと豆の木
とか
シンデレラ
白雪姫
ヘンゼルとグレーテル
青い鳥
桃太郎
カチカチ山
猿蟹合戦

本当の話を
小さなときから
子供が
寝るときに
親の言葉で
伝える

人を助けると
自分が
助けて
もらえますよ
だとか

たとえば
親孝行をすると
貴方の
老後が
安心ですよ

育てると
育てかえされる
ことを
つたえる

老後の年金とか
老後の生活を
経済的に
安定させる話を
子供が
小さなときから
しておく

高いモラルと
高い知的レベルに
子供を育てる

人に親切にすれば
人から親切に
してもらえますよ
とか

教えてあげれば
教えてもらえますよ

のような
説明をする

将来を予測して
行動させるようにする

五分前
行動

テキパキと
判断して
行動させる

約束や時間を
まもらせる

この世界は
支え合って
存在している
ことを
伝える

やさしい
ていねいな
ことばを
つかわせる

あなたや
わたしたちの
中心には
崇高な
存在が
いることを
つたえる

スポーツ
音楽
など
他の習い事を
優先される方は
お考え
なおし
ください

スポーツや
音楽で
食べていけるほど
世の中は
甘く
ありません



ピンチは
チャンスの
別名である

キク英文法
マセマ ハイレベル

毎日勉強する

人生はさまざまです

自分の考えを
他人に
押しつけることは
よくないことである

積極的な
楽しい気分で
めざめよう

日曜日の朝
ならんで
徳島公園で
菊の花と
花の種を
もらいました
母の霊前に
鉢植えに
しました

みなさん
だんだんさむくなって
きましたね

人の優しさを
感じるようになった

アラジンの魔法の
ランプの話は
火を大切に
しなさい
という
教えだと
気が付いた

火は煮炊きの
料理もできるし
色々と
役に立つ

思考も
その通りである
考え方
次第で
幸福にも
不幸にもなる

正しい思考を
抱き続ける
ことは
大切である

願いが叶う
とは
あきらめない
こと

願いを
イメージ

続ける
こと


目覚めるときの
気持ちは
一番大切
です

今日一日を
素晴らしい
一日に
しましょう

阿南市
那賀川町
豊香野
防災公園

いって
来ました

防災倉庫
地下の
耐震貯水槽
土地を盛り上げた
津波避難所
退避ベンチ
手洗い
水飲み場
トイレ
などが
設置
されていました

安宅学童クラブ

耐震化された
教室であり

安宅周辺の
学童の安全
地域防災を
研究しています

子供たちの
安全を
第一に
考えています

奇妙な夢を
見ました
周辺が
更地

なっていました
でも
子供達が
いました

子供たちは
未来でも
あるのです

われわれには
こどもを
教え
導く
義務の
ような
ものが
あります

それは
まさしく
みらいを
つくる
ような
ものです

ひらがなの詩

こどもを
そだてるのは
はなを
そだてる
ような
もの

まいにち
ことばを
かけて

はげまして
あげる

うつくしく
さいてねって

愛のある
言葉は
心の
深く
まで
浸み込む

「望みは
全て
叶った」

という
イメージを
持ち続ける
ことが
大切です

この世界は
ある意味で
貴方の
脳の創りだした
イメージです

この世界は
脳のバーチャル
リアリティです

ようやっと
人類の
学問も

「意識」



「リアリティ」



問題を

解明しようと
していますが

まだ
道なかば
です

子供は
問題を読んで
出題者の
意図とは
別に

自分で
問題を
勝手に
イメージして
答えを
つくって
点を
落とします

テストでは
出題者の
意図を
みぬき

出題者の
求めるような
答えを
書かなければ
なりません

望みの問題

その
通りです
自分勝手な
イメージでは
なく

自然な
流れに沿った
自然の
求める
客観性の
あるものでなければ
なりません

アンドリュー・
カーネギーが
アメリカで鉄道輸送を
必要とした時代に
製鉄業を
おこなった
ような
ものです

時代の要請
でしょうか?

それが
我々が
この世界に
生きる
意味です

すべては
ひとりのために

ひとりは
すべてのために

あらゆるものが
生命の一部で
同時に
生命の
全体であり

相互依存して
生きて
いるのです

生命のシステムは
部分は
同時に

全体であり

全体は
同時に

ある生命体の
一部なのです

生命システムは
下の階層へも
上の階層へも
開いている
オープンシステム
です

ゴルジ体は
細胞の一部であり
同時に
ゴルジ体の
内部に分子構造が
あるようなものです

まるで
ひとりの
人間は

砂時計の
上の砂層
下の砂層



狭まった
部分

オリフィスと
いいますが

その
オリフィスを
重力に従って

生きてる
ような
ものです

上の階層の
無限の先祖と

下の階層の
無限の子孫の

生命の
申し送りの
はざまに
生きています

★★★

a 商売繁盛
b 家内安全
c 子孫繁栄
d 世界平和

★★★

簡単に
望みが
叶うときも
あれば

なかなな
叶わない
ときも
あります

運には
どうも
周期が
あるようです

★★★

シンクロニシィテイー
といって

心で
おもうことが
タイミングよく
その思う通りに
起こる
ことがあります

1 結婚問題 

2 怒りの問題


人生の
課題です

いかに
それらを
コントロール
することが
ひとり
ひとりに
もとめられます

★★★

ある意味で
すべては
イメージの
世界なので

貴方は
剥製のライオンに
驚いて
いるような
ものです

そのライオンは
貴方の
「恐れ」

創りだした
ものです

恐れを
無くすことも
人生の課題です

★★★

こんな
話が
あります

闇の中で
幽霊を
見たのは

貴方の
心が
幽霊を
創りだしたのです

絵師が
自分の
描いた
絵に
恐怖を
おぼえる
ような
ものです

★★★

これは
たとえ話
です

闇の中で
ライトを
照らすと

「蛇がいる」

驚きます

それは
蛇では
なく
ロープでした

ロープは
ライトを
照らした
ところ
だけが
見えます

だから
蛇の
ように
見えます

ロープは
闇の中から
始まり

闇の中へと
消えていきます

人生も
生まれた
時の
記憶は
さだかではなく

死にゆく記憶も
イメージ
しがたい
でしょう

永遠に
続く
ロープの
ように

生命も
永遠です

まず
人間が
しなければ
ならないことは
死の克服です
死の恐怖の
克服と
いえる

思います

老若男女
みな
同じです

死を恐怖する
ことから
子供時代が
はじまります

老年になると
死をふるさとに
かえる

死を恋得る
気持ちへと
変化します

死を克服することは

単に
長生きすればいい
とも
いえます


★★★

これも
たとえ話
です

海の波頭は
一つ
一つ

見えます
海の
そこでは
地球全体の
海が
つながっています

指は
十本に
分かれて
いますが
腕に繋がり
胴体に繋がり

全体に繋がり
一つの
生命を
構成しています

細胞の一つ一つ
が生命体全体を
つくるように

一人一人の
人間が
人間種という
一つの
生命体を
構成しています

宇宙から
見たら
地球表面に
動く
苔のような
存在です

★★★

人間の
欲望には
限りが
ありません

どこで
折り合いを
つけるかが
願望達成の
秘訣の
鍵です

「吾唯足知」

われ
ただ
たるを
しる

読みます




叶った
イメージを
常に持って
叶うことに
執着しない
心の
状態を
維持します

執着を
離れた
ときに

あなたの
願いが
叶うのです

ハリーポッターの
言葉
「必要としない者が
それを得る」
賢者の石の
在りどころです

atuさんの
いう
通り

初めから
正しい英文を
暗記するのが
重要なように

正しい
イメージを持つこと
ことが
重要です

八つの
正しい
方法


最初は

「正見」

「正思」

「正言」

です

多くの
判断ミスは
正しく
現実を
観察しない
ことから
起こります

八つの
正しい方法

最後は

「正定」

です

正しく
精神統一
をして

集中する
という
ことです

心を広げて
みましょう

心を
狭めて
みましょう

心は
自在に
変化します

実は
あらゆるものは
相互依存して
存在しており

宇宙に
独立や真空は
ないのです

宇宙には
濃淡の
エネルギーが
遍満しています

宇宙そのものが
イメージの
世界で
人によって
宇宙のイメージは
ことなります

県が
国へと
統一
されたように

本来
地球は
ひとつ
です

環境問題を
始めとして
地球の
声を
聞こう
とする
世紀に
入りました

どういう
イメージを
持ち続けるかで
人生は
変化します

イメージを
豊かに
視野を広く
多面的に
考える
ことは
重要です

勉強しなくても
お金がなくても
幸せに
暮らしている
人は
います

心の
貧しき者は
幸いです

基本的に
考えることは
勉強できて
知識が広く
お金が
あれば
いいのに
きまっています


子供に
勉強させるのは
親子の
願いを
実現する
親子の老後の
生活を
安定させる
色々な
理由が
あるでしょう



貴方が

この世界に

生まれて

来た

本当の

理由は

夢を

叶え

幸せに

なるためです


愛をもって
ささやかな
言葉を
ささやく

この地上を
ほんの
すこしだけ
美しい
ところに
しましょう

子供を
育てるのは
花を
育てる
ような
ものです

子供の
脳は
種子の
ような
もの

無限の
可能性

秘めている

自然に
芽を
ださせる

なにより
いけないのは
助長
むりやり
ひっぱる
こと

自然に
すくすくと

根を
のばして
あげること

根が
しっかりと
していれば
何処ででも

生きて
行かれる


願いが
叶いました

子供達と
いっしょにいると
楽しい
です

安宅学童クラブは
子供達と共に
成長します

子供達から

学んで
います

お母さんの
考えに
よって

安宅学童クラブ


運営
します

お子様
ひとりひとりを
安全に

お預かり
教えます


民間学童クラブ

強みは

お母さんや
子供の
声を

聞きます

「ご希望を
教えて
下さい」

学校からの
距離や

仕事場からの
距離や

送り迎えの
都合や

教育に対する
熱心さ



学童選択の

決め手に
なります

★★★

長期間学校が
お休みの時は

たとえば
千松小学校とか

遠くの小学校
から
でも

臨時で
お預かり
します

基本は
徳島市内で
あれば
大丈夫です

★★★
お母さんの
急な仕事で
困ったときに
お子様を
臨時預かり
します
★★★

お母さんからの
声が
多いのですが

色々な方が
このページを
読まれて

電話が
かかってきます

このページを
なんども
くりかえし
みていると

だんだん
上手な
子育て
方法が
わかります

読まれる方の
意識を
高めます

これまで
沢山の
子供を
教えました

★★★

スマホ
対応

短く
短文
です

★★★

グレンドーマン
博士

いいます






大きな
赤い




文字で
なんども
幼児に
読んで
見せる

繰り返すと

幼児は
文字が
読める
様に
なります

それは
こどもでも
おとなでも
おなじです

スマホを
指で
広げて
出来る
だけ




大きな




文字で
お読み
下さい

一定の時間に
処理できる
情報量が

限られて
いるからです

自分に
合った
速度で

繰り返し
読まれる
ことを
おすすめ
します

★★★

「、」や「。」が
無いのは

「慶喜文」
ケイキブン
(結婚招待状

ような
お祝いの)
文章

基本
この
ページは
あなたへの
招待状
です

また

「古文」

影響を
うけて
います

日本語は
古来

「、」や「。」は
ありませんでした

また

主語も
ありませんでした

★★★

百人一首

ように

自分の
読む速度

あわせて


スクロール
して

何度も
読み返すと

自然に
こころが
成長します

この
自然に
成長する
ことこそ
大切
です

短文の
関係を
じぶんで
考えるので
脳が
活動します

そして

内容が
深く
理解
できます

読める
ところまで
読んで

暇なときに
また
最初から
読んで行って

段々
読める範囲を
広げて
いく

読み方も
あります

なかなか
一気に
全部は
読めません

基本的に
ほぼ毎日
更新しています

日付だけの
ときも
あれば

大幅に
かきかえる
ことも
あります

読まれる方の
お得に
なるように

「新規性」

「公益性」

「客観性」

「普遍性」


ある
内容を
めざして
います

一気に
読むと

かなり
疲れます

脳は
知性に
感応
します

子供を
教える時は
何度も何度も

時と
場所を
かえて

繰り返して
言います

子供は
覚えたり
理解したり
します

また

内容を
変えて

同じことを
言い続けて
います

「また
せんせいが
おなじこと
いってる」


教育テクニック
です

教育には
繰り返しが
必ず
必要です

一回
一言


一生
心に
残る
言葉


あり
ます

言葉は
とても
大切です

ある
別の
教授が

まったく
おなじ
内容を

何度も
何度も
折りに触れ
喋っていた
記憶が
あります


「マルコフニコフ則」

経験法則です

「得る者は
ますます得て」

「失う者は
ますます失う」

勉強でも
この
経験則は
あてはまります

「勉強する子は
ますます勉強し」

「勉強しない子は
ますます勉強しない」

悲しいけれども
とてもよく
あてはまる
経験則です

★★★

願望達成
方法



とても
重要です

「実現する人は
ますます実現し」

「実現しない人は
ますます実現しない」

この方法は
人生で
一番大切

学習
かも
しれません


人生では
心に
思い浮かべる
ことが
実現しやすい
です

どんな
こどもに
なって
ほしいかを
つねに

おもいうかべる
のです

とても
しあわせ


ほんとうに
しあわせに
なるのには

小さな願望を
数多く
達成
する
ことです

小さな
願望が
ゆっくりと
時間を
かけて
かたまりに
なって

やがて
大きな
願望が

地震の
ように
一気に
活動
しだす
のです

人生の
最大の
願望を
達成
して
ください

それは
積極的
思考です

毎日の
願望
エネルギーを

備蓄し
つづける
ことが
大切
です

願望を
言葉や
絵にして
冷蔵庫に
貼り

毎日
言葉に出して
読んで
口癖に
するのです

寝ながら

つぶやける
ようにします

眠りながら
将来の夢を
実感します

おなじ
イメージを
持ち続けます

願望達成
とは
あきらめない
ことの
です

願望達成

「夢」

みます

思考は
言葉と
映像から
なりたって
います

つぎに
どんな
イメージを
思い出すか

不思議な
ものです

思い出

ソーダ水の
あわの
ような
ものかも
しれません

次から
次へと
あなたの
記憶が
わいて
きます

なぜ
次のことを
思い出すかは
だれにも
説明
できません

記憶の
かたまり

記憶の
毛糸玉の
ような
ものが
あるのかも
しれません

記憶の糸を
たぐり
よせます

そして
この
ページに

読んで
います

この
文章を
読める
あなたは

幸せと
言える
でしょう

子育てに
失敗
しない
からです

あなたの
記憶が

今日の
あなたの

この
瞬間の
感情を
つくります

子供を怒ったり
会社でうまく
いかなかったり
するのは

家庭で
なにか
問題が
あったり
します

あなたの
こころに
えがくものが
人生
そのもので
です

思考の連鎖が

思考のしりとりが

あなたの
人生です

夢の実現には
それなりの

こころの
準備が
大切です

「心は生き物で
機微に触れます」

これは
松下村塾で
多くの
明治の偉人を
育てた

長州藩の
尊敬する
吉田松陰先生

言葉です

教育とは

感動
です

感動の
ないところに

教育は
ありえません

真実は
隠れて
いることが
あります

本当の
美は
うもれて
ことが
あります

真実は
真実だと
気づかない
ことも
あります

それは
砂粒のなかに
金の粒を
さがす
ような
ものです


「出会い」

「選択」


あなたの
人生を
決定して
きました

人生は
決断の
連鎖です

外見に
惑わされない
ことは
重要です

ホテルのように
綺麗な塾が

我が子の
将来に
一番か
どうかは

誰も
わかりません

塾を転々と
している
お母さんが
います

これは
むなしい
ことです

転塾の
理由は

学校の
成績が
上がらない
から
です

この塾に
いたときは
いい成績に
いたのに

やめた途端
学校の
成績の
転落

はじまり
ました

子供に
勉強を
教えることは

坂道で
重い
荷車の
後押しを
する
ようです

勉強は
続けなければ
意味が
ありません

ある
女の子に
アルファベットを
教えました

ABCは
よめるのですが
abcは
読めませんでした

根気よく
時間を
かけて

何度も
何度も
教え続けました

いまでも
覚えています

abcの順番どおり
教え

逆から
読めるように
して

こんどは
バラバラに
書き

ランダムな
みだれた
順番で
読みを
教え

女の子は
泣いてしまいました

達成感の
種を
植えたかったので

最後まで
ユックリト
怒ることなく
根気よく
おしえ
つづけ
ました

最後に
全部
読めるように
なったとき
女の子は
わらって
いました

達成した
よろこび
です

それが
何かの
きっかけに
なったのでしょう

もともと
国語は
出来る子
だったので

東京の
外国語大学

進学しました

それから
アメリカに
七年
留学して

アメリカ人と
結婚して

現地で
子供を
産み

幸せ

裕福な
生活

しています



教育環境に
誠実さと
清潔と安全を
求めることは
大切です

願望達成の
こころの
準備に
ついて
説明します

小さな子供の
教育はとても
たいせつです

心の中に
将来の
種を
植える
作業の
です

どうじに
子供の
教育は
とても
楽しいものです

★★★

いろいろな
漢字が
楽しく
読めるようになるのは

勉強が好きになる
最初の
きっかけです

なぜ? なぜ?
なんで? なんで?
どうして?
なんて読むの?



繰り返す
子供は
将来有望です

親が教えてくれる
ことを

すでに
知っているから
です

親が返事をこばむと
子供は
質問を
停止します

これは
悲しいことです

覚えたことを
繰り返す
ことで

子供は
親を
喜ばせます

親がおどろいて
よろこぶと

子供は
おぼえることが
親をよろこばす
ことだと
知るようになります

海老とか

海月とか

河豚とか

海豚とか


とか

こどもは
すぐに
読めるように
なります

そして
意味を
知るように
なります

漢字は
書いて
おぼえるより

解字
つまり
漢字の
成り立ちを
説明すると
よく
理解します

第一法則は
楽しく学ばせる
です


学年に
こだわらずに

どんな
漢字でも
読める
様に
してあげる
ことが

まず
たいせつです

教育は
自由で
あるべき
です

こどもにとって
漢字は
クイズの
ような
ものです

いろいろな
本のタイトルを
よめるか
きいてあげるのも
楽しいです

親御様
おじいちゃん
おばあちゃん
親御様
兄弟
姉妹

協力
体制が

とても
大切です

兄弟
姉妹は
みな
個性が
あって

ひとり
ずつ
みな
ちがいます

それは

遺伝子の
交叉
(こうさ)
つまり

遺伝子
DNAが
絡み
混ざり合い

組み合わせが
兄弟
姉妹で
一人ずつ
変わる
からです

これこそが
個性です

第一子を
勉強好きに
すると

下の子は
まねを
する
傾向が
あります

なにかを
きっかけとして
 勉強好きに
なる子と

勉強嫌いになる
子に分かれます

短期
長期に
かかわらず

病気で
学校を
休むと

ある
単元が
わからなくなり

わからない
ことが
蓄積して

勉強嫌いに
なることが
あります

ある教科の
先生が
好きになり

その
教科が
好きになる
ことが
あります


中1
中2
での
理科の先生
との
遭遇で
人生を
決めました

中1で
遭遇した
塾の
先生
との遭遇が

塾を
はじめる
きっかけ
だった
かも
しれません

先生を尊敬して
先生に
あこがれる

ということは
勉強の
きっかでしょう

先生や
親に
ほめてもらいたくて

こどもは
べんきょう
するのです

勉強の
好き嫌いは
食べ物の
好き嫌い

ような
ものです

これは
願望実現
には

もったいない
ことです

それは
習慣の
もんだい
です

なぜなら
勉強は
習慣である
からです

幼稚園児は
15分から
スタートし

小学生
高学年以上は

毎日
2時間は
勉強する
習慣を
つけます





安宅学童クラブ

特徴

つまり
付加価値は

民間の
学童保育園
であり




学童と塾が
合体して
一体化





勉強を
教えるのに

情熱を
注ぎます

公立の学童
よりも

ほんの
すこしだけ
熱心です


持ち上がり
教育が
得意です

学童

塾を

高校まで
続ければ
国公立大学に
進学できます




お母さんが
パートなどで
働いている
ので

子供の
手間のかかる
小さなときだけ
安い料金で
学童に
預けたい




という
お母さんの
本音の
気持ちは

とても
よく分かります

とても
とても
よく
わかります

それでも
大丈夫
です

安宅学童クラブ
には
いろいろな
ケースと

許容性が
あります



人間としての
器の大きさを
育成するのが
目的です

必ず
「大器は晩成」
します

そのように
教えます

心は
生きています
機に触れて
発動して
感動します

感動のないところに
真の教育は
存在しません


既にあるものを
活用して

将来の
願望を入手
するのです

自分が欲しいものが
まだないときは
自分で創る
のです

そして

「なぜ」
生きる
かでは
なく

「どう」
生きるかです

高校
合格

大学
合格

まで
学童

塾を

つづけて
ください

基本
学童保育は
小さな
子供の
ための
ものです

お迎えが
必要な
子と親御さま

ための
ものです

それでも
かまいません

塾は
親御様の意思と
子供の意思で
行かせる
ところです

人生を
選択するのは
本人の課題
です


お子様に
出来るだけ
良い
教育
環境を
与えたい

考えます

劣悪な環境で
子供を
育てたくない
です

公立の学童


費用が
安い分だけ

沢山の
子供達が
遊んでいます

低学年の
場合
公立では

上級の
大きな子と
喧嘩や
トラブルに
なることも
あります

そうやって
この
民間
学童

たどりつく
ケースも
あります

そして

公立学童は
公的補助金で
運営されて
いるため

民間学童

ように

早期基礎学力養成
進学や受験のための
特別な学習指導は

社会的
公平性の
観点から

高度な
特別な
教育は

できない仕組みに
なっています

なぜなら
公的資金が
投入されて
いるから
です

税金を
納めている
人の子供達
の間で

「不公平」

つまり
教育格差が
生じない
制度に
なっています

民間学童

幼児教室
学習塾
進学塾

ように

本格的に
勉強を
教えては
ならない

制度
になっています

つまり

公立の学童は
費用が
安い反面

宿題しか
みて
もらえない

それも

「宿題、
やっときよ!!」

で終わる
日が
多いようです

多くの生徒が
いて
複数の
先生が
いるから

特定の
子供だけを
熱心に
おしえると

先生の間で
特定の子供の
「えこひいき」
なります

公立学童の
先生は
宿題を見るのが
精一杯です

公的学童は
子供たちの
人数が多い分

勉強は
おろそかに
なりがち
です

どうしても
人数が
多いと
ひとりひとりに
目がいきとどかない
ことが
あります

公立学童
では
ひとりに
つきっきりで
勉強を
教える
というのは

なかなか
できない
仕組みに
なっています


これが
社会の
現実です

安宅学童クラブは
良質な
教育を
行いたいので

少人数制で
一度に
教えるのは
10名程度
です

安宅学童クラブ
は民間学童です

安宅学童クラブ
では

同時に
教えるのは
10名程度
なので

定員が10人程度と
少人数を

丁寧に面倒を
みています

これは
子供の
将来に
かかわる
ことです

生徒の人数が
多いと
どうしても
こまかいところに
目が行きとどかない
ので

直接子供達を
教えたいので

そういう
仕組みに
なっています


学童塾を
やっているのは

小学校
6年生
卒業の
朝に
見た夢



関係
します

それが
理由です

小学校の
宿題と
関係します

小学校の
宿題を
教え続ける
運命に
あります

これは
使命に
です

毎日の
勉強の
習慣
形成です

子供にとっての
学校の宿題は

子供が
大人になったときの
会社の仕事
みたいな
ものです

実は
本当の
ことを言えば

小学校の
だす
宿題は
とてもよく
考えられています

ここで大切なことは
その宿題の
やらせ方です

宿題が
出来ない子を
ほっておいても
宿題が
できるようには
なりません

子供は
誰かが
教えなければ
本当に
賢く
なりません

自然に
放って
於いても
賢くなるだろう
というのは
錯覚

幻想です

誰かが
陰になり
日向になり
教えた
結果です

ある子の
ケースでは
学校帰りに
「おばさん」

宿題を
みていました

「おばさん」

結婚を
きっかけに
その子は
放任されました
学校の
成績の
転落がはじまし

入れる高校が
なくなり
塾にきました

もともとは
頭が良いのに
残念だと
思いました

勉強とは
基礎の
積み重ね
であるから
です

何とかして
親の希望である
普通科高校に
入れました

親は大学に
進学させる
と言って
いました

それでは
なぜ
放任してしまった
のでしょうか?

ちなみに
宿題という
ものは

小学校の
授業の
理解の
確認のために

学校の
先生が
出すもの
であって

宿題が自分の力で
出来ない子供


学校の授業の
受け方
そのものに
問題がある
ます

宿題が
自分の力で
出来ない子供


難産で
出産に問題が
あったり

脳発達過程に
問題が
あったり

LDの問題が
あったり
します

そう簡単に
一筋縄では
いきません

学童と塾で
苦労し
続け
ました

基礎学力
というより
勉強以前の
家庭環境

家族関係
親御様と
祖父母との
問題で
あったり
します

小学校の出す
宿題は

子供の理解の
目安を
しめすもので
重要です

これは
大事なことですが

宿題が
自分の力で
適当な
時間で
できることが
スタート
ラインです

公立の小学校では
授業の確認問題
が中心となるので
100点とって
あたりまえです

100点が
取れなければ
何処かに
教育上の問題が
潜んでいます

ある単元に
弱点があるとか

授業に集中できない

家庭で勉強する
環境ができていない
などです

当たり前の勉強が
当たり前にできる
ようになって

次の
段階の
高度な
受験用の
勉強が
はじまる
わけです

親御様が
教えると

「答えは
分かるけれども」

「教え方が
分からない」

ということが
あります

家庭では時間が
ないときは

「答えだけを
教える」

という
ことも
あります

感情が高ぶって

「どうして
こんな
簡単なことが
わからないの」

と怒ったり

子供を
泣くほど
教えたり
手が出てしまう
ことも
あると
おもいます

しかった後の
後のフォローが
とても
とても
重要なことを
知らない
場合が
あります

たまに
しかることも
教育には
重要ですが

後のフォローが
もっと
重要です

コーチングの
勉強も
しました

子供の言葉を
親が
表現を
かえて
繰り返して
子供の
脳に
送り込む
フィードバックは
子供の
脳を
成長させます

脳の
理解には
時間が

かかります

受験勉強とは
その子に
あった
勉強速度

獲得させることです


出来ない子に
いくら
早く

いって

できないのです

子供には
個体差が
あります

大切なことは
時期をえて
能力を
伸ばす
ことです

これが
教育
です

★★★

基本的には
図形や
時計の問題
では

親御様が
教え方が
わからないことも
あると
おもいます

小学校の
だす
宿題を
つかって
教える
意味は
重要です

学校の進んでいる
学習単元が
わかる
からです

教えるのが
上手な
小学校の
先生は

宿題の
難易度と

宿題の
量の

バランスが
絶妙です

これは
ほんとに
よい
先生の
天性かも
しれません

教えるのが
あまり
うまくない
先生は

宿題が
少なすぎたり
多すぎたり
します

適当とは
いい加減
という意味
ではなくて

絶妙な
タイミングを
得た
バランスが
いいことです

勉強と
子供の
意欲は
重大な
関係に
あります

基本
漢字の書き取り

計算練習は
毎日
するものです

呼吸をしたり
食事をしたり
するように
一生続けると
偉大な人に
なれます


偉大な
方は

小さな文字で
びっしり
書かれます

何歳に
なっても
しっかり
計算
できます


尊敬する
フォン・ノイマン先生

臨終近くになって
ようやっと
計算が
乱れたくらいです

偉大な研究者は
計算者
であり
同時に
偉大な音楽家
です

「外国語」

「楽器」


人生の
喜び
です

ときどき

宿題を使って
高度な問題に
発展させて

子供の
知的興味を
うながす
ことが
あります

普通の学童
であれば

宿題の解き具合で
子供の理解の程度を
みたり

小学校の
宿題をつかって
特別な
基礎学力を
そだてたり
することは

なかなか
公立学童では
できません

子供も多数
先生も
複数
だからです

学校の宿題を
一問一問
子供の
理解を
推し量りながら
教えることは

つまり
宿題の
一問一問
問題を
読んで聞かせて
あげる

問題を
子供に声を
ださせて
読ませて
あげる

考えかを
絵や図に
したりして
説明
する

学校で
黒板で
学校の
先生が
教室全体に
説明している
ことを

安宅学童クラブは
子供の
目の前の
紙の上で
ひとり
ひとり
その子に
あったように
説明して
教えます

だから
同時に
教えるのは
少人数の
10名程度
です

子供達を
自らの手で
TSS方式
時間分割方式
子供を
一人一人
一定時間で
回っていって

子供の
進み具合に
応じて
指導する
時間と
手間の
かかる
教え方
です

子供に
応じて
時間を
割り振っていく
方法で
教えます


そのことで
こどもは

じぶんの
あたえられた
時間の
なかで

みずから
かんがえ

わからなかったら
答えではなく!!
ヒントが
もらえます

みずからの
ちからで
もんだいを
とけるように
なります

本当は
教育は
根気と
創意工夫の
手間のかかる
教育技術が
ひつようです

だから

民間学童である
安宅学童クラブは
愛晃須知塾
と合体している
のです

この教育状況は

公立学童とは
まったく
異なります

また
普通の
塾とは

まったく
違います

安宅学童クラブは
親御様からの
月謝のみで
運営されて
いるので

親御様の
ご希望する
ように

安宅学童クラブに
親御様の
希望を
言う
ことが
できます

これは
学童を
選ぶ際に
大切な
ことです

子供に
なにか
あったら
まっさきに
おかあさんに
電話を
いれます

ある意味で
お母さんと
こどもは
一体である

考えて
います



いわば
母子一体
みんなで
つくっていく
安宅学童クラブ
です

最近こんなことが
ありました

お母さんは
かなり
教育熱心で
いろいろと
質問してくれた
のですが

遅れて
お父さんが
やってきて
否定しました

「この家庭は
だめだな」

思いました

いずれ
子育てで
問題が
生じるな
まで

わかりましたた

直感の
ような
ものです

「お母さんに
決定権が
ない」

です

教育に
無関心な
父親は
多いです

わたくしは
見学や
面接に
父親が
ついてくる
親御様には
用心します

なにかしら
家庭や
学校や
発達に

問題を
抱えている
ケースが
潜んでいる
からです

母親が入塾を
決定してから

父親が
子供の
送迎をする
ケースは

うまくいく
場合が
多いです

これは
体験から
わかる
ことです

こうでなければ
ならないことは
ありません

私塾の
強みはそこに
あります

松下村塾
適塾
鳴滝塾


多くの
人材を
育成
しました

これこそ
臨機応変
です

自由な
裁量権の
ある
私学である
ゆえんです

学校や
公的学童保育
には
ルールや
決まりが
あります

税金で
運営されているので
親御様の
希望は
あまり
聞いて
もらえません
時間制限が
ある場合が
あります

★★★

学校教育
公教育は

出来る子供は
退屈し

出来ない
子供は
落ちこぼれる

悪平等が
あります

本当の
平等は
子供の
能力

特質に
あわせた
平等で
あるべきです

安宅学童クラブは

できるだけ
親御様の
ご希望を

聞くように
しています

時間・曜日
学習内容も
融通がきき
ます

うちの子は
こうして
ほしいと
おっしゃれば

そうする
ように
します

宿題だけしっかり
みて欲しいという
親御様

いらっしゃいますし

子供が
嫌がらないなら
一年先を
勉強させても
よいと
おっしゃる
親御様も
おります

中学受験を
する
子もいます

★★★

あるお母さんを
おもいだしました

とても教育熱心な
お母さんでした

学童のおやつに
フリスクや
大学いも

良く作って
学童に
もってきてくれました

東日本大震災

学童に
お迎えに
真っ先に
来た
のも

その
お母さんでした

こどもは
素直で
頭がよく
友達の
多い
良い子でした

お母さんは
教育熱心だったので
「和田秀樹」さんの
著書を進呈しました

東大や京大を
この子の
将来の
進学範囲
にすることを
提案しました

お母さんは
教えられたとおり
学年より
一年先を
家庭学習
させました

あるとき
お母さんは
怒ってしまいました

「説明もなしに
中学2年の
問題を
出さないでください」

といって学童を
辞めていきました

中学2年の
角度の問題を
思いつきで
作成
したものでした

お母さんは
我が子に
無理をさせず
なだらかな
階段の
ように

基礎から
積み上げる
勉強を
学童に
もとめて
いたのです

徳島では
説明もなしに
一気に
難しいことを
教えると
辞めていきます

問題を
親に
渡したのが
失敗でした

丁寧に
説明すれば
小学2年

連立方程式が
すらすら
解ける
なかには
暗算で
答えを
いう
子供が
います

その教育熱心な
お母さんは
教育熱心な塾を
転々と
渡り歩いて
子供を
通わせ

風のうわさでは
ラサール中学に
合格させた
そうです

うちの塾生に言わせれば
本人ががんばったせい
と発言しましたが

誰が塾の
月謝を払い
受験料を払い
試験会場への
旅費を払ったのでしょうか?

親御様です
大切なのは
親御様の
考えです

東大をでて
高級官僚

なれば
生活は安定し
比較的
社会的に
重要な
仕事が
できるでしょう

先見の明は
正しいと
おもいます

★★★



手間のかかる
小学4年生までは
確実に
お預かり
します

そこからが
人生の
岐路です

学童の
社会的使命は
果たして
います

学童は
絶対に
辞めなさい
とは
言いません

そんなことを
言われたら
働くお母さんは
困るから
です

いったん
安宅学童クラブ
を辞めて

他の公立学童の
実情から

再度はいりたいという
親もいました

やんわりと
おことわりしました

教育は
子供の
一生を
決定するものであり

できるだけ
トラブルのないように
したいからです

数名の子供達は
サッカーとか
野球をはじめ
段々と
学童に
くる
日数が
減って
きます

テニスとか
習字とか
いう
ケースも
ありました

学童を
辞めていった
子供がいました

学童は働く
お母さんの
もの
なので

親子のご判断
それは
それで
いいと
思います

親御様の
必要に
応じて
預かれば
いいのです

小学6年の
最後まで
学童に通い

ある子は
英語・数学・理科が
できるように
なりました

自分で
勉強したいから

親も納得して
学童を辞めました

京都大学に
入りたいと
言って
いました

中学校で
勉強をサボれば
成績は下がるし

中学校で
勉強を頑張れば
番数で一桁を
取って
総合選抜
高校に
入るでしょう

低学年のときは
宿題にとても
時間のかかる
子供でした
夏休みなどは
ほぼ毎日
朝7時から
午後7時まで
学童にいました

小学4年で
サッカーを
はじめ
だんだんと
学童にくる
日数は
減りました

この子の
能力に合わせて
相当
基礎学力を
高めました

低学年のときは
宿題にとても
時間のかかる
子供でした

夏休みなどは
ほぼ毎日
朝7時から
午後7時まで
学童にいました
ほとんど
宿題ばかり
している
ときも
ありました

一問ずつ
聞いてくるので

一問ずつ
教えました

とても
手間と
根気の
かかる
子供でした

子供を教えるのは
好きなので
苦にはなりません

これは
親と子の
意思なので
しかたありません

ある子は
学力
特に
国語と言葉に
問題が
ありました

水泳少年で
水泳には
かなり
熱心でした

毎日
学童が
終わると
お母さんが
迎えに来て

スイミング
スクールに
通っていました

兄も
弟も
まったく
同じでした

恐らく
中学生に
なれば
塾に通う時間が
無くなるでしょう

それほど
本人もお母さんも
水泳には
熱心だったのです

それとなく
このことを
子供を通じて
お母さんに
伝えました

お母さんの
判断で
学童を
辞めました

恐らく高校受験では
苦労すると
おもわれます

これも
親子の
ご判断なので

どうしようも
ありません

子供に勉強を
維持させて

好成績を続け
させることは

なかなか
難しいことです

学童は小さなときは
きてくれますが

高校3年まで
つづける
ことは
なかなか
難しいようです

★★★

10年くらいたって

お母さんと
あって

「あのまま
塾を
続けさせる
べきでした」

という言葉を
何度も
何度も
聞きました

それは
その時の
親子の
決断なので
しかた
ありません

いったん
子供を
放任してしまうと

なかなか
家庭で
勉強させる
習慣を
取り戻すのは
難しい
ようです

★★★

それだけ
学校の
成績については
民間学童である
メリットが
いかせます

塾であれば
熱心な
お母さんなら
小学生でも
午後7時から
午後10時半
まで
塾で
勉強
させるのは

都会では
常識です

お母さんは
仕事が
終わって
家事が
あります

深夜に
送迎するのは
しんどいので

一番都合の
いい時に
お迎えに
来てくれて
結構です

これが
学童保育の
使命です

★★★

再度書きます

徳島では
小学生に
中学や
高校の
内容を
教えると

母親が
怒って
子供を
やめさせます
これは
仕方のない
ことだと
おもいます

★★★

親は我が子の
心を
傷つけたくない

考える
のでしょう

★★★

母親には

こどもに
「分からない」
という
体験を
させる

ということが
「わかっていない」
のです

説明不足でした
斬鬼の至りです


ショックや
ジャンプを
はじめ

慎重に
考慮した
教育的
配慮が

子供を
ぐんと
伸ばすのです

ある意味
独自な方法で
基礎学力を
形成できたので
務めは
果たせた
わけです

試験で
合格するには

1 親の考え  
2 子供の努力
3 塾の助け  
 
この3つが
必要です

親御様は
子供の
学力向上を
一定の
上り
角度の
階段の
ように
してほしい
という
希望が
あります

所が
実際は
伸びる時は
エレベーターの
ように
伸びるのです

勉強は
努力のない
エスカレータの
イメージでは
ありません

山あり
谷ありの
緩急自在です

それが
子供の
学力向上の
現実
です

★★★



勉強がにがてな
子供は

なにかを
きっかけにして
きらいになり

それでも

なにかを
きっかけにして
すきになる

可能性が
あります

勉強が苦手な
子供には

その子の
能力に
応じて
教えます

無理は
させません
勉強で
無理をしても
意味がないから
です

基礎から
学校の
復習
中心

教えます

いままでの
経験でいうと

宿題するのが
やっと
という
子供も
いました

勉強ができる
こどもは
予習中心

一年先を
勉強します

子供の
学力に
合わせる
ことが
できます

これは
こどもの
能力と

まさに
親御様の
考え方
次第です

幼児を教えるときは
5分
10分
15分


子供の様子を
みながら
教えます

まず
正しく
座る
ことから
はじめます

教育の誤解は
無理強いです

勉強は
無理強いしても
子供は
伸びません

スパルタ塾
というのは
経営方針
から
そういう
装いを
しているだけで

実際は
肌理の
細かい
配慮と
フォローが
必要です

勉強は
無理強い
しても

身につきません

将来の
話をして

仕事や
老後や
年金の
話をして

本人の
やる気を
伸ばすのが
教育です

おとなだって
やりたくないことは
やりたくないのです

こどもに
ゆっくりと
お話
して

本人の気持ちを
説得することです

人間は
自分より
知能の
高い者と
会話する
ことで

頭がよくなる
ということが
あります

脳科学で
有名な
茂木健一
さんは

学校から帰って
言う
「だだいま」
の不思議さに
5歳の時に
めざめ

クオリア
脳で意識すること

不思議さを
実感した
そうです

受験では
入試の問題では

国語であれ
英語であれ

出題問題に
テーマが
あります

ある一つの
概念を
巡って

色々な
設問が
展開
されます

たとえば
クオリア
です

クオリア
について
本文が
2〜3
ページに
わたって
延々
述べられます

そして
クオリア
について
の設問が
これでもかと
いうくらいに
重ねられます

普通の高校生に
クオリア
Quolia
について
聞いても
ほとんど
答えられません

知らないし
学校では
習いません


受験問題
というものは

A 初めから
クオリアの
意味を知っている者

B 問題文から
論理的思考から
クオリアの
意味を

類推して
クオリアの
意味を
導けるものだけが

試験に
合格
する

仕組みに
なっています

Aの受験生が
圧倒的に
有利です

小学校の
受験算数では
知っていたら
30秒で
正解を
だせるが

知らなかったら
一時間
考えても
誤答
しか
だせないという
ことは

ざらです

受験は
受験生を
落とす
能力を
選択する
試験であり

学校の
部分点が
もらえる
ような
テストでは

ありません

ある国立大学では
受験生が多いので
正答の
答案用紙だけ
集めてきて

減点法で
優劣を
決めると
いうことが
よくあります

正答を
たたきだす
ことは
受験では
とても
たいせつです

それは
受験生が
どれだけ
不注意ミス
ケアレスミス
つぶしの
練習を
してきたかの
目安になります

考え方が
あっているのに
単純計算や
スペルミスを
連打する
受験生は
ボーダーの
近くにいても
試験に落ちるのです

難しい問題は7割
優しい問題は9割5分

正答
するのです

人気のある
大学や
学部では
ボーダーの
1点の
違いで
40人くらい

差がつくことは
ざらに
あいます

受験勉強は
能力というより
どれだけ
努力を
積み上げて
練習したか
犬の
訓練のような
ところが
あります

受験問題の
出題者の
意図を
見抜けない
受験生は

独善に
おちいり
自分で
勝手に
問題を
解釈して
解答を
つくる
傾向に
あります

出題の
指示を
守る練習は
小学1年生
から
はじまります

自分が
勝手に
考えた
こたえは
作文であって

正答では
ないのです

宿題をみていて
お母さんが
教えた
こたえは
いらないことを
馬鹿丁寧に
かいて
あることが
あります

受験では
いることだけを
すっきり
書く必要が
あります

これは
日頃の
研鑽の
たまもの
です

★★★

クオリアは
それほど
現代社会では

重要英単語
です

受験勉強とは
そういう
ものです

ちなみに
徳島大学の
入学試験
英語の問題
では

イギリスの
エリザベス
女王の

子供達に
対する
クリスマスの
演説が

出題
問題
となった
ことが
あります

将来
これくらいの
レベルの
問題が
出題
されます

早い段階から
英語に
親しむ
ことが
現代では
重要です

一番大切
なことは
英語を
すきにさせる
ということです

最低限
英語を
嫌いに
させない
基礎の指導が
重要です

こどもが
英語を
嫌いになるのは

英文が

1 読めなくなる

2 意味が   


分からなくなる

3 書けなくなる

の順番で
進行します

英語の
最大の
欠点は
発音と
スペリングが
異なる
ことです

★★★

クオリアに
話しを
もどせば

a 知るか知らないか 
b 類推できるかどうか


認識するのは
脳内の活動
です

子供の脳を
育てることは
重要です

子供の
心を
傷つけない

出来れば
将来
良い就職をして
高給を稼いで
欲しい

それが
親心でしょう


受験の世界は
そんなに
甘くない
ことが
多いのです

受験の勝利は
勉強の
毎日の
積み重ね
です

親御様が
何処で
決断
するかで

こどもの
人生は
変わります

決断は
運命を創ります

医者になるか
公務員になるか

総選高校
国公立大学に
合格して

医者で公務員は
よい選択ですが
現実はそんなに
甘くないことが
多いです

それなりに
準備が
ひつようです


★★★


まず
子供の
観察から
じっくりと
始め

その
子供の
示す
法則性を
発見するのです

あらゆることに
法則性は
存在します

科学とは
法則性の
異名です

会話する
ことは
脳の
発達に
重要です

「勉強すれば
こんな
いいことが
ある」


教えて
あげる
ことです

すると
子供は
自分から
勉強する
ように
なります

言葉は
イメージと
行動を
生みます

一問ずつ
聞いていた
こどもが

ある日
突然に
自分で
考えることに
めざめ

「自分でやってみる」

言い出します

重要なのは
それからの
フォローです

やってみる
といっても
分からない問題は
解けないのです

それを
さも
自分の力で
とけたように
教えるのが
教育の
テクニックです

ただし
人間は
やりなさい
といえば
できるひとは
できます

それが
人間です

やりなさいは
最初の
きっかけ
として

とても
重要です

勉強を続けるのは
本人の意思です

母親は
勉強を
続けさせたい

子供は
サッカーを
して
遊びたい

父親は
無関心

こういうことは
家庭では
よくある
ことです

こども
本人の
やる気を
そだてていかないと

本当の
勉強は
ながくは続きません

勉強とは
続けること
でも
あるわけです

鈴木イチローや
石川遼君

ように
最初の
きっかけは
親が与える
べきです

父親が自分の
ゴルフクラブを
切って
3歳のときには
ゴルフボールで
遊ばせたのです

父は
イチローが
小学生にも
かかわらず
最高級の
バットと
グラブを
イチローに
買って
あげました

誰が
お金を出した
のでしょう?

家庭内で
それを
容認したのは

お母さんです

エジソンに
教育をつけたのも

ノーベルの父は
機雷の研究に
ロシアに
単身
10年も
渡りました
その間
経済的に
家計を
支え
ノーベル家の
生活をみたのも

お母さんでした

お父さんより
お母さんが
教育に
熱心な
家庭の方が

うまくいく
ようです

学童に入るときに
お父さんが
ついてくる
家庭は

父子家庭とか
なにかしら
問題があります

経験上
家庭とか
子供に
問題が
あった
場合が
多かったです

家庭に
それだけ
お母さんに
決定権が
ないから
でしょうか

北野たけし
さんの

お母さんは
非常に
教育熱心でした

いまの
北野たけしさんが
あるのも

小学校時代に
基礎学力が
身についていた
のかも
しれません

★★★

ある
単元を

最初
塾で予習して
から

学校で
復習すると

子供は勉強が
得意になります

友達が知らないことを
知っている
という

優越感が
芽生えるからです

さらに
同じ単元を
塾と学校で

二度勉強
するから
学校の勉強が
復習になります

勉強できない子が
落ち込む
パターンは

この子は
基礎が分かっていないと
復習ばかりすることです

それを
後追い勉強
といいます

復習が勉強であると
思い込んでいる
親御様も
います

家庭での
勉強は
復習になることが
多いようです

積分の基礎に
級数の和が
あるように

受験で必要な
考え方を
小学校時代に
与えておくと
いうのは
大切です

小学三年生で
少数
分数
約分
通分

教えれる子供には
教えます

どちらかというと
子供の
能力

意欲
次第です

おもしろがって
算数好きに
なる子供は
多いです

安宅学童クラブ
では

「英語」

「算数」

「理科」


好きな
子供に
なります

対極にあるのが
国語と社会で
これには
個体差が
あり
ばらつき

あります

国語や社会は
日常生活で
長時間かけて
形成される
からです

家庭環境に
よるものが
多いです

「英語」

「算数」

「理科」


なにかを
きっかけにして
すきになる
という
ことが
あります

安宅学童クラブの
目標とするところは

徳島県
総合選抜
普通科高校
合格

国公立大学
合格
です

公務員試験


教員試験の
レベルの

基礎学力
育成を
目標と
しています

日本育英会
奨学金

勉強
したので

日本育英会の
精神は
薫陶
されて
います

学校の先生や
社会を
指導する

「大器晩成型」


人間を
育てたいです

小さなときから
時間をかけて

子供達を
育てていくのを
得意としています

親御様の
仕事の内容や

職場の
場所の関係で

遅くまで
みてもらえる
という

利点があり

時間的融通が
きく理由から

民間学童を
選択される
親御様も

かなり
います

安宅学童クラブは
愛晃須知塾と
一体である
ために


「幼児」

「小学生」

「中学生」

「高校生」

「大学生」



試験勉強や
資格試験
就職試験の
受験指導の

先のことを
イメージして
授業を
します

安宅学童クラブ
から
愛晃須知塾
まで
高校3年まで
残ると

ご希望の
大学に
合格させるように
しています

将来大学に
進学させたい
公務員試験を
受けさせたい

教員試験を
受けさせたい
とお考えの
親御様は

この文章を
ゆっくりと
なんども

よく
読んでみて
下さい

何回も
読んでいる
うちに

段々と
いわんとする
意味が

わかって
きます

勉強には
継続が
とても
大切です

こどもの
手間が
かからなくなった
ときが

お子様の
学力の
分かれ目
です

学童の場合
お迎えが
あるので
勉強が
つづきます

お迎えが
なくなって
子供が
塾に
ちゃんと
通えるかが
最大のポイントです

子供の学力には
上下の変動が
あり

あるとき
急に
階段の様に
向上します


1 小学四年の夏

2 中二の夏   

3 高二の夏に  

学力が
ぐんと
伸びます

学校の担任の
意見は

その瞬間の
子供の
学力です

幼児
小学生
中学生
高校生

一人の子供を
教え続けた
経験から

塾の先生は
トータルな
立場で
意見を
述べます

教育的
予測は
重要かも
知れません

ちなみに

公立の
小学校の
テストの
問題は

学習の理解を
確認するだけの
問題ですから

百点とって
当たり前です
これは

小学校
中学校でも
言えることです

高校からは
なかなか
百点が
撮れなくなります

内容が
高度になるから
です

テストで
満点に
近い
良い点を
とれる
技術を

早くから
獲得する
ことは

お子様の
将来に
とって
かなり
有利です

小学一年生では
ほとんどの
子供が
国語の問題で
自分で
考えて
答えを
書きます

そうでは
ないのです

国語の問題は
設問に応じて
本文の中から
答えの箇所を
見つけ出して
そのまま
書くか

設問で要求
された形に
書き換える
ことが
必要です

このことは
教えるのは
早ければ
早いほど
いいです

設問で使われた
記号と同じ記号を
解答の中でも
使うことや

試験では
「いることはする」
「いらんことはしない」
を教えます

×をせよ

設問で
書かれてないのに
子供が
自分で
考えて
×を書く子は
おおいです

「つまったら
前をみる」

を教えるのも
たいせつ
です

見るのは
目の前の
問題であったり

自分の
以前の
記憶で
あったり
します

幼児の教育では

「にたものは
どれでしょう?」

「なかまはずれは
どれでしょう?」

は大切です

マークシート
コンピュータ
採点は
五択問題が
多いので

小さなときから
慣れておくと
回答率が
ぐんと
たかくなります

なんとなく
正解である
正解でない
という
感のような
ものを
そだてる
感覚です

★★★

現代社会は
試験で合格点を
とらなければ

高校入試
大学入試
資格試験
公務員試験
就職試験


合格しない
わけです

子供の
現実的な

将来を
切り開くためには

テストで高得点を
とらせる
ようにする
ことが

ある意味で

親の務めでも
あるわけです

「子供を教育する
親の義務です」

子供に
早くから
教育をつけるのは

将来の
家族を守る
ためでも
あります

それなりに
働いて
安定した
生活をして

家族を
守る
義務が
あります


安宅学童クラブは
親御様の

教育代行
です

★★★

教育指導
資格



経験が
30年以上
あります

★★★

長きに
わたって

子供を
賢くする
方法



研究
しました

幼児
小学生
中学生
高校生



安宅学童クラブ
愛晃須知塾


「残れる」

では
なくて

親御様の意思と
お子様の意思で

「残る」

子供は


子供達の
将来の進学
就職に

有利です

子供を
賢くする方法

研究

その結果が
学童から
塾へと
続いた
塾生の

進学先

就職先
です

七田式や
グレンドーマン法を
勉強しました

そして
さまざまな
教育経験を
積んで
まいりました

安宅学童クラブ
愛晃須知塾は

学童保育を
行いながら

勉強だけではなく

みどり家庭保育園
からの伝統で


学童で
ありながら

家庭的な
雰囲気を

大切に
します

子供達と
いっしょに
スーパー
セブン
安宅店に
にいって

買い物を
利用して
暗算の
練習を
させたり

学校教材
である

話す
聞く
スキル


いっしょに
おぼえたり

子供達の喧嘩の
仲裁をしたり

仲間づくり
の和を
つくったり

子供達を
仲良く
させたり

子供達
どおしの
団結心を
高めます

これは
会社に入ってから
先輩と後輩が
助け合う

人間関係の
基礎をつくります

年上の子供や
年下の子供と
円滑に
やっていくことは

社会生活の
人間関係の
基礎です


マナーや
ていねいな
言葉の
指導
したり

子供達の
将来の
仕事


夢の話を
たくさん
します

アニメや
漫画
ゲームの
話をしたり

理科の
実験を
したり

親しみのある
家庭的な
雰囲気の
中で

勉強が
終われば

子供達と
いっしょに
料理を
したり

クッキーを
焼いたり

ポテトフライを
したり

たこ焼き
パーティを
したり

体を動かす
あそび

むかしながらの
遊びをしたり

竹とんぼを
とばしたり
けん玉を
したり

英文法基礎や
英会話を
教えたり

リコーダーの
吹き方を
教えたり

いっしょに
歌をうたったり

花や野菜を
育てたり

亀を
いっしょに
観察したり

生き物を
大切にする
こころを
育てます

子供達に
さまざまな
経験を
させます

子供達の
将来への
可能性の種を
はやくから
蒔いてあげようと
思います

勉強だけ
でなく

子供達の
心を育てる

総合的な
人格の形成

人や社会に
役立てる

「人間教育」



目指して
います

アンパンマンマーチ♪
のように

ひとの
心の痛み


分かる
大器

人に
育てたいです

そうだ!
くじけないで
生きる喜び♪

自律心の
基礎を
つちかい

将来の
子供達の
自立を
はぐくみます

「自主・真理・協同」
がモットーです

城東中学
以来の
伝統です

子供達の
将来の姿を
頭に
イメージ
しながら

日々の
指導を
しています

月曜日から
金曜日まで

学校帰りに
お迎えまで

学童は
学校の宿題

塾の課題を

おもに
学校の
宿題を

教えるのが
メイン
ですが

基本的に
毎日勉強
させます

「読み」
「書き」
「計算」

という

人生の
勉強の
基礎を

盤石に
強固に
つくります

子供達に
基礎学力を
つけてあげ

毎日勉強する
習慣をつけて
あげます

将来
世の中が
どう変化しても
生きていけるだけの

読み・書き・計算

基礎学力

育成
します


教科は

算数
国語
理科
社会
英語

です

教科書
準拠問題
から

中学入試
受験用問題
まで

親御様の
ご希望と

一人一人

能力と
個性に
合わせた

個別の
教材を
使用
します

できる
子供には
小学6年を
早めにすませ

中学

勉強を
教えたりします

ひとりひとり
違う

教え方をする
点が

重要です

安宅学童クラブは
個性発揮の
場でも
あります

教え方は
一人一人
に対応します

勉強が好きな子も
嫌いな子も
います

きっかけは
強制的であっても
無理強いは
さけます

たいがいは
楽しく
勉強を
教えます

分からなかったら
質問して
を連発しますが

こどもが
つまるところは
大概
わかっているので

さきまわりして
先に教えます

勉強が
できない
こどもは
ほとんど
質問を
しません

★★★

よいテスト問題には
落とし穴が
あることを
早い段階から
さとらせます

(4)の答えは
草食動物です

(5)の問題は

(4)のような
動物のなかまを、
食べている
食物から
何というか?

これは
ひっかけ問題です

とても
うまく
つくって
あります
速く問題を
読み飛ばすと

こどもは問題を
自分で勝手につくって
問題を解く
傾向に
あります

草食動物を
食べるのだから
肉食動物

多くの子供は答えます


(5)の問題は
(4)のような
動物のなかまを、
(食べている
食物から)
何というか?

()をおぎなって
考えると
出題者の意図は

(4)のような
動物のなかまを、
何というか?

と読み取れ
(5)の
正解は
草食動物
となります

つまり
(食べている
食物から)は
動物のなかまを
修飾つまり
説明して
いる
かけです

あたりまえの
問題をつくったら
全員が
100点を
とってしまし
学力の
判定に
ならないから
です

国語も英語も
算数も
理科や社会も

「読解力」



すべての
基礎となります

このことは
なかなか
ひとりでは
勉強できません

小学一年生の
終わりまでに
小学六年生
までの
漢字を
ルビなしで
全部
読めるように
した
子供がいました

忍者方式で
最初から最後まで
毎日少しずつ
段々読める量を
増やしていったのです

一年学童の日数
260日あれば
嫌がらない子供は
小1で小6までの
漢字が
全部読めるように
なるのです

漢字を読める
ようにする
ということは
どうも子供の頭を
良くするようです

すると
大概の子供が
雑学好きになり
論理的議論を
好むようになります

この子は
国語力がずば抜けて
伸びました

その子の
趣味は読書に
なりました

子供の
能力は
伸ばせる
タイミングで
伸ばすが
私の
方針です

ある夏休みに
抵抗なく
B4
84枚の
問題を
解いた
子は

有名
国立大学を
卒業して
県庁の
職員に
なりました

間違いの数

10問に1問
から
20問に1問の
割合でした

答えが
合うのは
当たり前で

お互いの
関心は
何処を
間違ったのか

どんなふうに
間違ったのか

何故
間違ったのか


集中しました

親御様は
我が子
しか見ていません

私は何百の
数えきれない
子供を教えました

かなりできる
レベルまで
おしえていたのに

サッカーなどを
はじめて
勉強を甘く考えると
やがて
普通のレベルに
なります

サッカーや
野球で
ご飯が
食べれる人は
ごく
わずかです

資格試験や
就職試験には
テストが
一生ついて
まわります

さらに中学で
勉強をさぼると
行ける高校がない
始末になります

これは
本人にとっても
親御様にとっても
悲しいことです

教える
子供の
能力を
瞬間に

見極める
というのが
仕事です

親御様の
仕事は
子供に
勉強を
続けさせる
ことです


子供達の
能力に応じて

出来る子
には

一年先を
教えたり

勉強の
苦手な子供達
には

学校の復習を
繰り返して
させます


安宅学童クラブ


民間の学童クラブ
です

公立の学童保育
のような

父兄集会


父兄活動
などは

まったく
ありません

親御様が
仕事に

専心できる
ように

色々な
ことで

融通が
ききます

曜日とか
時間が
比較的
自由に
設定できます

親御様の
ご意見を

拝聴
尊重
します

親御様の考え

したがって

安宅学童保育は
運営
いたします

学童保育の
お迎えは
何時になっても
OKです

午後6時過ぎ
とか
午後7時過ぎ
とかも
あります

月謝は同じです

安全に
お預かりします

費用は
以下の通りです

学童から
持ち上がり

子供は

おそらく
いまのところ

この
条件で
高校3年
まで

教える
つもりです

延長保育も

長期のお休み
春夏冬休みも
まったく
月謝は
同じです
普通の民間学童では
延長保育料が
必要であったり
長期のお休みは
割増しになることが
あります
ところが
安宅学童保育は
月謝は入園年度の
月謝を維持する
予定です


学校の
長期の
お休み
である

春休み
夏休み
冬休み


小学生は
お休みの
あいだは

午前中は
とにかく
勉強です

午後からは
みんなと
いっしょに
楽しく
すごさせます

よくまなべ
よくあそべ

の精神
です

とにかく
学校の
長期のお休み中は

朝から一日中

安全に
楽しく
おあずかり
いたします

大丈夫です
安心してください

家族旅行のときとかは
事前に
ご連絡ください
心配しますので


出席
勉強の
状況を


パソコンで
管理します

親御様に
状況を

「報告」
「連絡」
「相談」

します

親御様の
気持ちに
なりかわり

働くお母さんを
安心できるよう


サポート
します

幼児教室は

幼児に
お勉強の入門
初歩
を楽しく

お勉強を
習慣化
します

お勉強が
好きになり
親しむように
いたします

楽しく
身に着けた
勉強は
一生もの
です

楽しく
学ばないと
損をします

幼児は
幼稚園や保育所の
お休みの時など
土日祭日を含む

お母さんの
ご希望の時間
ですが
電話予約が必要です

急な仕事で
お困りの
お母さんへ

幼児・小学生
臨時お預かり

土日祭日の
場合など
お母さんの
ご希望の時間です
幼児と臨時保育は
電話予約が
必要です
費用は
以下の通りです


安宅学童クラブを
知っていただく

よい機会に
なればと
思います

安宅学童クラブに
入る手順です

電話で状況の
説明を
聞かれる

教室見学
予約

無料おためし保育
申し込み

ならし保育
春・夏・冬休み講習
などを経て

お母様とお子様が
が納得してから

最後に
銀行手続
通帳記載

互いに
データー保存
月謝納入を
もって

安宅学童クラブに
入れる

親御様とお子様の
納得する
安心システム

これまでに
トラブルは
ありません



来春
小学新一年生募集
を開始いたしました

ご予約は
お早めに

将来の就職先

安宅学童クラブから
愛晃須知塾へ
持ち上がった
子供達は

徳島県総合選抜
普通科高校

国公立大学

などを経て

公務員

教師

医師

看護師

薬剤師

警察官

米国留学


 他に
進学・就職
させています


書きたいのですが

実は
これらは
すべて
本人の努力の
結果です

わたくしは
ほんの
ささやかな
おてつだいを
しただけです


書きたいのですが

ほんとうは
こどもは
教えられて

はじめて
できるようになるのです

子供が
知らないことを
教えるときは
一問
一問
ずつ
説明して
手取り
足取り
やってみせて

その場で
例題を
つくって
わかるまで
おしえます

しぜんに
かしこくなるこ

いますが

それは
まれです

実は

かげとなり
ひなとなり

誰か
大人が

教えて
いるのです

子供は
自然に
賢くなるので
なく

誰かが
教えるから

賢く
なるのです

人間には
教えられる者を

真似をする
性質があります

「まなぶ」

「まねぶ」
から
きています

まなぶとは
すぐれた
ひとの
まねを
する
ことです

特別に
出来る
子供に
成長するのは

だれかが
秘伝の
秘密で
特別な
ことを

教えた
結果です

内科医になった
塾卒業生は
いいました

「学童で
国語を

しっかり
教え
ときよ」

アメリカに
7年も
留学して
アメリカ人の
優しい
お金持ちと
結婚した
女の子は
言いました

「英文法


基礎から
しっかり
教えときよ」

安宅学童クラブ

愛晃須知塾は

子供の声

親御様の声
から
できあがりました

これから
さらに
発展して
いくと
思います

たしかに
そうです

国語も
英語も
言葉の力です

学校での
勉強も

理科も
社会も

算数の問題も
言葉で
書かれているのです

読解力

表現力
こそは

言葉の
ちから
です

人間関係も
会社の昇進も
栄達も

敵をも味方に
するのは
ことばの
ちから
です

人生に
なにを
のぞむのかも

思考力
つまり
言葉と
イメージする
ちから
です

今の
自分が
幸福か
どうかも

考える力


積極的な
思考方法

ポジティブ
シンキング
です

つまり

言葉の力
なのです

思考は
言葉
イメージ
実行
反省
再思考
再試行

連鎖
です

富田小学校から
わざわざ
福島小学校の
うらに
ひっこしてまで
安宅学童クラブ

通ってくれた
親御様が
いました

小学校
中学校
高校と
学童と塾に
来てくれました

学童と塾の
卒業生

親御様に
いつも
感謝しています

安宅学童クラブ


これまでに

多数の
優秀な人材を

実社会へ
送り出して
きました


親御様のお子様に
対する
将来の
ご希望を
おっしゃって
いただければ

お子様と相談して
その方面への
進学と就職の
進路の基礎を
つくります

子供が東京へ行きたいのに
親は徳島に近いので
京都にしとき
地元なら

生活費の問題で
徳島大学にしとき
が現実ですが

安宅クラブ
愛晃須知塾

高3
まで
つづくこどもは
現実には
多少子供が
嫌がっても
親がこの塾に
いかせる

最低でも
地元の
徳島大学
鳴門教育大学

目指させます

若い時に
学問を修め
資格を取り
老後の生活を
安定させる
のです

教育とは
格差社会の
現実では

お金の
問題でも
あるのです

教育の
コツは

こどもが
ちいさなときに
インプリンテング
しておくのです

子供と
日頃から
色々なことを
語り合い

将来の姿を
イメージさせ

本人を
説得させ

その気に
させるしか
ありません

勉強は本人が
やる気を
ださないかぎり

勉強は
どうにも
ならないからです

子供の能力は
小さなときから

一年先ぐらいまで
伸ばしておくのです

安宅学童クラブと
愛晃須知塾が
合体
しているので

日頃の勉強
学校の宿題を
早めにすませ

基礎学力形成
します

高校入試
大学入試
資格試験
公務員試験
就職試験
など

「正→速→美」
の考えは

とても
役立つ
教えです

だだし
はじめに
「正」でなければ
どうにも
ならないのです

子供達の
将来の姿を
イメージした

指導を
行いますので
進学と就職には
有利です

勉強において
継続は力です


安宅学童クラブ

学童生は
小学校を
卒業
すると

自動的に
中学生
高校生

教える
愛晃須知塾に
入れます

小さな
子供達を
将来

無理なく
徳島県
総合選抜
普通高校
国公立大学

進学
できる
ように
努力
します




安宅学童クラブは
月〜金で 毎日
やっています

親御様の
ご意見を
募集しています

お電話で
お聞かせください

無料体験学習
募集中

電話で
教室見学の
ご予約
下さいませ

定員になり次第
締め切らせて
いただきます
少人数制で
同時に
教えるのは
10名程度です


まずは
お電話で
お問い合わせ
下さい

無料体験を
してから

ご決断
ください

電話 088−653−1713
徳島市安宅1−7−18


安宅学童クラブ

学童の正面です
東南海地震に
備えて
耐震化された
教室です





安宅学童クラブの
場所は
福島小学校と
城東中学校の
ちょうど
中間ぐらいに
位置します

安宅一丁目です
沖洲方面に向かう場合は
四所神社を過ぎたあたり

北にみえる
たけひさ医院の
道路の南側

お弁当屋さん
らいすはうす
の裏約3メートル

おべんとう
らいすはうすの
横の通路から
はいれます

上の写真にみえる
スロープをあがった
ところに
安宅学童クラブは
あります

お車の方は
肉の前田の角を
まがって
すぐに
東にまがり
白黒の地図にある
細い道路をすすんで

いとうタクシーの
うらにあります

うすい
ピンク色の
家がそうです

いちじくなど
の植物が
植えてあります


学童の北側に
駐車できます

場所が分からないときは
お電話をかけて
ください

来春にむけて
もっか教室の
整理・整頓
片付け

大掃除の途中です
努力しています
人生は整理整頓に
つきます

★あきらめない
★いらない
ものは
かたづける
★まいにち
そうじする

子供達と
いっしょに
日々
学んでいます

子供を教え
導くことは
無限の生命の
樹形図を
教え導くことです

グレンドーマン
モンテッソリー
フレーベル

教育の
理想は
子供から
その子供へ


無限に
広がって
いくでしょう

人生で大切なことは

「根気」

「粘り」

「集中力」

受験で大切なことは

「正しいこと」

「速いこと」

「美しいこと」

せい・そく・び
とよみます

「正→速→美」

の順番であって
この逆では
ありません

正しいことが
速くできて
結果的には
美しく
あるべき
です

スタッフ

代表:須知晃一:常住
高校教諭一級普通免許
須知幹男:常住
みどり家庭保育園:元園長
理事:
濱緑:保育士
斉藤さきえ:保育士

月〜金で
毎日
預け放題で
勉強も教えてもらえて

安宅学童クラブ
学童保育

学童は月謝11000円
だけです
授業料・教育費・教材費・税込
すべてを含みます
いまのところ
持ち上がりの学童生は
この値段で高校3年まで
教えていますが
中学生になって
毎日というと
相場に合わせて
月謝15000円に
なるかもしれません
このことは
ご相談しだいです

幼児・小学生
臨時お預かり

一日だけ
預ける場合は
一日1000円
だけです
土日祭日を含む
いつでも
大丈夫ですが

だだし
電話予約が
必用です

春休みと
冬休みは
休みの間だけ
臨時お預かり
の場合は
お子様一人
5000円

夏休みの間だけ
の臨時お預かり
の場合は
お子様一人
月〜金で
11000円
で預かりします


早めにご予約ください
定員になりしだい
締切ます

少人数制
同時に
教えるのは
10名程度
です

教育方針
考え方を
知りたい方は

以下の
愛晃須知塾の
文章を
ゆっくり ていねいに
できれば
数回
自分の
ペースで
何が書いてあるか
よく理解して
読んで下さい

愛晃須知塾へいく