ほろ酔い気分で・・・
top
/
next
暑い、暑い夏が過ぎ去ろうとしている。
これだけ暑いと酒はやはりビールをガブ飲みしてしまう。

一ヶ月かけて、ターキーを1本開けただけだ。
夏場はバーボンを欲しないということがわかった。

一つ前の"HEAVEN HILL"を買ってきたあたりから
どぉもそんな気がしていた。

一番好きなワイルドターキーでそれが証明されたというわけだ。
冬場だと一週間でなくなってしまう酒だろう。
いいとこ持って10日というところか。

その昔、トーマス・マッカーシーは、七面鳥狩りの伴に
8年ものの樽から8本の酒を持って行った。
その、名も無い酒は狩り場で絶賛され、ファンを増やして行った。
というのが有名なワイルドターキーの誕生の話。

何と言っても、男の酒なのである。
労働者の酒なのである。
日本で言うと焼酎のようなものかな。

個人的には、バーボンの中でも別格にランクされている酒である。
つい最近(2〜3年前)まではワイルド・ターキー1本槍であった。

8年もので、50.5度が一番口に合う。
こいつだけは正規販売を選んでしまう。
ストレートでグイグイやる。

この酒を呑むと、他の酒は飲みたくなくなるのである。




016-WILD TURKEY 8years
   (2002.08.03〜09.08)

kentucky straight bourbon whiskey
原材料:グレーンモルト
容  量:700ml
アルコール分:50.5度

購入価格:¥1,999