どこでもVF(嚥下造影:Videofluorography)

脳神経外科 七條文雄

                                 

最終更新日:2015 / 11 / 1


【関連ホームページ】

→ どこでも嚥下音(予算2万円でVF/VEに嚥下音を追加する方法) New!

→ 嚥下造影(VF)検討室 New!

(上の二つのリンク先には、嚥下音と外部モニター音を含んだ貴重なVFとVEのデモ動画があります!この動画の著作権はすべて、七條文雄に所属します!


このホームページでは、一般の透視装置さえあれば、どこでも嚥下造影(VF)が簡単にできる方法を紹介致します。

Virtual Hospital <脳神経外科>提供


注意1:このホームページの著作権はすべて、七條文雄に所属します。このホームページの内容の一部あるいは全部を無断で使用することは禁止致します。しかし、極力、URLの変更は致しませんので、リンクおよび、文献への引用は歓迎致します(E-mailにてお知らせ下さい)。

注意2:このホームページの内容の一部は、第10回日本摂食・嚥下リハビリテーション学会学術大会に報告致しました。


要約:

【目的】一般病院で行いうる簡易的な嚥下造影法(以下VF)の方法とそのデータ管理法について紹介。


【対象と方法】透視には一般透視装置を用い、透視台は90度回転させて直立位とした。被検者の咽頭部の高さは透視装置の機能に応じて調整した(X線管球の上下移動に制限があるときには、台座を利用した高さの補正や、ストレッチャーの上に座椅子を固定し、ストレッチャーの昇降により高さの補正を行った)。造影剤には保険適応外使用とはなるが安全性確保のために第3世代造影剤(オムニパーク300やイオパミロン300など)を使用した。ビデオ撮影には、専用のビデオデッキを使用することなく、市販のデジタルビデオカメラを使用し、透視モニター背面にあるビデオ出力ジャックからBNCプラグやM型プラグなどを介してビデオ信号を直接記録した。VF撮影時の音声は、マイクとマイクロフォンアンプを利用して直接記録した。記録されたデジタル映像は、透視装置により画像の逆転や、縦横比が変化することがあり、パーソナルコンピュータ用のビデオ編集ソフト(Windows版Adobe Premiere ProやMacintosh版 Final Cut Expressなど)を用いて修正を行い、症例によってはスローモーション動画も作成した。完成したVF動画ファイルはMPEG-1形式にて、パーソナルコンピュータに保存し、VF所見と共にデータベース化(Windows版とMacintosh版のデータ互換が可能なファイルメーカーProを利用)し、検索可能とした。


【結果】専用のビデオ録画装置を装備した透視装置を用いなくても、上記の手技を用いて、1年半の間に、過去にVFの経験がなかった7施設において61回のVFが施行され、全て満足すべき結果が得られた。


ここに紹介する簡易VF法では、一般透視装置のみあれば、いつでもどこでもVFが可能であり、これらの手技を具体的に紹介する。


【必要物品】   ← New! (2010/5/26 一部更新)

一般透視装置(台座を直立位にして使用)

デジタルビデオカメラ

ビデオレコーダー / DVDライター

ビデオ接続ケーブルとコネクター

マイクとマイクロフォンアンプ

パーソナルコンピュータ(画像処理に使用)


VFサンプル動画

<Macintosh OS X / Internet Explorerで動画がうまく表示されない場合は、Safariでご覧下さい。>

<Windows OSで、この動画をみるには、QuickTimeが必要です。こちらからWindows版QuickTimeをダウンロードしてください>

<もう一度動画を見たいときには、上の動画をダブルクリックしてください!>


I. 透視装置の設定法

機種により、1) X線管球が上下に自由に動くもの、2) 上下の移動に制限があるもの、3) 管球が固定されたもの があります。

それぞれの機種に応じて、VFの関心領域である口腔から咽頭部がX線管球の撮像範囲に入るように調整します。

A. 側面撮影   

1) X線管球が上下に自由に動く機種の場合:

通常の椅子や、リクライニング型の車椅子で撮像が可能。

2) 上下の移動に制限がある機種の場合:

専用の台座(黄色の矢印)により高さを補正し、その上に通常の椅子もしくは、リクライニング型車椅子を使用。

3) 管球が固定された機種の場合:

専用のVFチェアーを用いなくても、ストレッチャーの上に座椅子(頭部の固定もできるもの)を固定して用いると、高さの調整は、ストレッチャーの昇降(黄色矢印)で可能となります。

B. 正面撮影   

1) X線管球が上下に自由に動く機種の場合:

通常の椅子や、リクライニング型の車椅子で撮像が可能。

2) 透視台の足台を利用した場合:

透視台の足台(黄色矢印)をやや上方で固定し、椅子として利用


II. 造影剤

保険適応外使用ではあるが、安全性のために、誤嚥時の副作用が少ない第3世代造影剤(オムニパーク300、イオパミロン300など)を使用

*ガストログラフィン:誤嚥すると肺浮腫

*硫酸バリウム:誤嚥すると気管支閉塞


III. 記録:デジタルビデオカメラを使用    ← New! (2010/5/26 一部更新)

A. アナログ方式(旧式)のX線テレビシステムの場合:

a. 画像記録:透視室内のモニター背面にあるビデオ出力ジャックからビデオ信号を直接記録(機種により相違有り)

b. 音声記録:マイクマイクロフォンアンプを使用

B. 最新のデジタル方式X線テレビシステムの場合:

デジタル方式のビデオ記録: 従来のアナログ方式の透視装置では、ビデオ信号は、透視装置の外部モニターの出力端子から記録できていた(上記)が、デジタル方式では、専用の医療用デジタル画像を通常の一般デジタルビデオ用の画像信号に変換するための専用のコンバータが必要となる。このコンバータは、デジタル方式X線テレビシステムの機種により組み込み式とオプション形式があるので、機種更新時には入札仕様書への明記が必要!

コンバータが無い場合: 原始的な記録方法→画面の直接記録。

【ポイント】

1) 液晶画面の場合は、画面を直接記録。(コンバータ処理後の画像よりも、直接記録された画像がより鮮明なことあり!)

2) ブラウン管の場合は

 a. 手ぶれ防止機能を off にする。

 b. 自動焦点では、波形の干渉波が出ることあり。

   この様な場合には、焦点を手動にし、わずかに焦点をぼかすと干渉波は消失。

 


IV. 画像処理:パーソナルコンピュータを利用

デジタルビデオへの画像記録時に、透視装置によっては、記録画像の逆転や、縦横比の変化が生じ、画面が楕円状になることあり。この現象は、ビデオ編集ソフトやプレゼンテーションソフトを利用すると補正が可能。

★ビデオ編集ソフトの利用例:

Windowsの場合: Adobe Premiere Proなどを利用。→動画による操作説明(3.2MB)

Macintoshの場合: Final Cut Express もしくは Final Cut Proなどを利用。→動画による操作説明(1.8MB)

 

★プレゼンテーションソフトの利用例:

A. PowerPointの場合(Windows / Macintosh):→ 楕円の補正が可能

 → 

1) PowerPointのスライド作成画面に楕円の動画ファイルをとりこみ、動画ファイルをクリック!。

2) マウスのカーソルを動画ファイル右端に出現した中央のマーク(上図の赤枠内)に併せて横にドラッグする。

3) この操作で、動画の縦横比は自由に変更できます。画像を正円化して再生したり、スライドショーでみると、正円化したVF動画を見ることができます。

B. Keynoteの場合(Macintosh):→上下反転の補正が可能

  

【commandキー】を利用: 

1) Keynoteのスライド作成画面に反転した動画ファイルを取り込み、動画ファイルをクリック!。

2) マウスのカーソルを動画ファイルの角(上図の赤枠内)に合わせる。

3) commandキーを押しながら、マウスをドラッグすると、動画ファイルが回転します。

4) さらに3)の操作をshiftキーも押しながら操作すると、回転は45度毎となり、操作はより容易となります。

5) 上下関係が正常化したファイルを再生、もしくは、スライドショーでみると、上下の反転が正常化されたVF動画を見ることができます。


V. 動画データの保存:パーソナルコンピュータを利用

A. ファイル形式:MPEG-1形式を採用。

1) Windowsの場合: Adobe Premiere Proや、種々のデジタルビデオ編集ソフトで動画ファイルを簡単にMPEG-1に変換することが可能です。

2) Macintoshの場合:裏技が必要!

MacでMPEG-1(裏技紹介):

1) Final Cut Express等の動画編集ソフトから、QuickTime形式でファイルを保存します。

2) QuickTime Pro(インターネットでライセンスキーの購入が必要)とCD/DVDライティングソフトウェアであるToast 6 Titaniumが必要です。

3) 上の条件がそろっていると、QuickTime Proでのファイルの書き出しの時に、『ムービーからToast Video CD』という選択肢がでてくるので、これを選んで、保存しますと、MPEG-1形式で動画が保存できます。

B. データベース化:ファイルメーカーProを利用。

データベース化の利点

1) VF動画ファイルの保存と検索およびソートが容易

2) VFレポート作成と印刷

3) デジタル保存のため、VF動画ファイルを容易にコンピュータプレゼンテーションに利用することが可能

ファイルメーカーProの特徴

1) リレーショナルカード型データベース

2) 画像・動画もデータベースとして保存可能

3) Windows版とMacintosh版でデータ互換が可能

<サンプル>


【追加アイデアとご意見】----返信 E-mail より

1. 新札幌パウロ病院 菅沼宏之先生より(2004/9/22)

1) 造影剤ではバリウムの大量の誤嚥を起こさなければ、決して危険なものではないと思います。少量の嚥下から始めれば良いのです。大量の誤嚥を起こすと気管支の閉塞により、肺炎を起こしますし、バリウムの沈着が一生残るのは事実ですが・・・・・。

2) 透視台を逆方向に90度回転させた場合に車椅子での撮影が適切な高さで行えることが多いと思います。(七條文雄より追加:この方法ですと、画像の反転も解決できますネッ!)


参考ホームページ:

Virtual Hospital <脳神経外科>

徳島摂食・嚥下研究会のお知らせ

どこでも嚥下音( 予算2万円でVF/VEに嚥下音を追加する方法)

嚥下造影の検査法(詳細版)2014年度版日本摂食・嚥下リハビリテーション学会提供) 

嚥下内視鏡検査の手順2012改訂日本摂食・嚥下リハビリテーション学会提供) 

日本摂食・嚥下リハビリテーション学会嚥下調整食分類 2013日本摂食・嚥下リハビリテーション学会提供) 

訓練法のまとめ(2014版)日本摂食・嚥下リハビリテーション学会提供) 

摂食・嚥下障害の評価(簡易版)日本摂食・嚥下リハビリテーション学会提供) 

嚥下障害支援サイトSwallow(山部歯科医院提供)

摂食・嚥下障害でお困りの方へ:『嚥下障害ってなあ〜に?』(PDFファイル; 3.8MB) (香川県摂食・嚥下障害研究会提供)

嚥下食とは【飲み込みにくくなったり、むせたりする人の食事】: (健康長寿ネットHp提供)

横浜嚥下障害症例検討会 

嚥下障害診療ガイドライン 耳鼻咽喉科外来における対応 2012年版Minds(マインズ)ガイドラインセンター提供) 

平成26年度診療報酬改定 胃瘻等について (厚生労働省ホームページ の資料より) New! 

swallow animation (Johns Hopkins University 提供)

 


 

感想をお聞かせ下さい。

連絡先:shichijo@nmt.ne.jp


2005年8月29日 からの アクセスカウント =  


Virtual Hospital <脳神経外科>提供