画 集 花のえがお ◎

  「ひとりごと」   

                    「ひとりごと」の続きは 絵日記帳 に引っ越しました
トップ
絵日記帳
過去の日記
水彩画
カード
日本画
大型絵手紙
リンク
メール

2006.12.8

いよいよ クリスマスモードに なってきました。
休みの日は 朝から クリスマスソングをかけて、気分満開。
クリスマスとお正月は 大好きです。ついでに雪も好き^^

神戸のルミナリエが開幕したそうですね。
都会のイルミネーションは、夢があってゴージャス。

こちら田舎のイルミネーションも、いいですよ。
県南の阿南市は、発光ダイオードの会社があるおかげで、
{光の街}として電飾をアピールしています。

数年前は、白と青のダイオードしかなく、綺麗なのだけど
「雪の女王」の宮殿のように 冷たい感じでしたが、
最近はピンクや赤が加わって、可愛くなりました。
例えていうなら、形は違うけれど、グリム童話の
「ヘンゼルとグレーテル」に出てくるお菓子の家の趣です。

クリスマスカードを作りました。
気持ちだけのプレゼントですが、お幸せに〜☆



2006.12.6

←あちこちで拾った落ち葉を描き足していった
 <ふき寄せ>の絵。色紙サイズです。
麻の繊維がはいった 手漉きの阿波和紙に描きました。
色々な紙に描いて、描き味の違いを楽しんでいます。

色紙サイズは、スキャナーからはみ出すので
左右に影(光?)がでてしまいます。上手くいきません。

さて、数日前の新聞に、
「母校の制服が、来春から新しくなる」と出ていました。
とうとう替わるのねー。グレーのブレザーだそうですよ。
今の時代、濃紺のダブルのスーツと詰め襟のままの方が
かえってお洒落だと思うのですが・・・



2006.11.26

←おっ、これは何だ?と思うでしょ。実は、先週
美波町伊座利で 漁火村「第1回世界バンダナアート展」という
イベントがありまして、面白そうだから参加したのです。
残念ながら雨が降って会場には行けなかったのですが
出品した作品がバンダナになって帰ってきました。
原画がこれです。あはは・・・楽しい〜
面白い事はあちこちにありますねぇ^^



2006.11.16

朝、カルチャーの講座が始まるまで、時間があったので
近くの公園を歩いてみました。

先週、スケッチにきたばかりですが、
はっきりと紅葉の変化が感じられ、
それに、散って行く葉を惜しむ気もあって
武道館のあたりから鷲の門までぐるっと一周歩きました。

犬の散歩をしている人、ランニングの人、
ゆったりベンチに座っているお年寄り、
リュックを背負った小学生の一団もはいってきてにぎやか。

私も子供の気分になって、あたりにたくさん落ち葉があるのに、
赤い鮮やかな葉が舞うと 走って行って拾い
もっと綺麗なのがあるかとまた探して・・我ながら欲張り^^

その時拾った「今日の葉っぱ」です。



2006.11.15

朝晩の冷え込みに、初冬の気配を感じます。
昨夜、とうとう我慢できずに こたつを出しました。

さて、絵手紙の講座では 年賀状作りが はじまりました。
以前は 年賀状を書くのがめんどうだったのに
絵手紙を描くようになってからは、一年の行事のひとつとして、
楽しんで 取り組めるようになりました。
講座にきてくださる方の中には、「2年ぶりに年賀状を作ります」
と言う方もいらっしゃいます。
「年賀状を書ける幸せ」もあったのですね。



2006.11.7

今日は立冬。昨日の暖かさが嘘のように 
冬を感じる一日でした。

仕事の帰り、JRの窓から眺める 煌々と輝く月。くっきり。

前の座席の男性は、ノートパソを取り出して書き込み中。
隣の席の女性は、いつも通り雑誌のパズルをしている。
単行本を読んでいる人が3人、高校生はメールかおしゃべり。
私は、ぼぉ〜っと外を見るか、居眠りするだけ。
毎週利用する1両だけのワンマン車両。

いつも同じ顔ぶれが、同じことをして車内の時間を過ごす。
お互いが顔を見合わすわけでもないのに
不思議な安心感に包まれています。



バルトの楽園
撮影所の裏口

一番札所
霊山寺の鯉

徳島公園

2006.11.6

昨日、板野から県西部の半田までドライブしました。

9月に審査した「ハートtoハート」の発表を見ることと、
知り合いの画家の個展をお訪ねすることが目的でした。
どちらも見応えがあって、行ってよかったと思いました。

そして、久しぶりの山のドライブが楽しかったです。
天気がよく、暖かく、
私としては、秋の花粉症からようやく脱出できたこともあり
 快適でした。

こちらはまだまだ暖かく、わずかに桜やハゼが赤いぐらい・・
紅葉はまだですね。

道路沿いの柿畑は、びっしりと実がなって 
ちょうど今が 食べ頃、採り頃。
しかし、オレンジ色どころか まっかに熟れているのに
後継者がいないため 採る人がなく、
自然に実が落ちるのを 待つだけだそうです。

山里の秋は美しいのですが、寂しさもあります。



2006.11.2

朝、池谷駅のホームで 映画のロケ隊を 発見。
「AWA DANCE」を撮っているのかな?
俳優さんが 高校の制服姿で じっと動かず立っている。
本当の学生や乗客が、いつもと変わらず 通り過ぎる。

夕方、あたりは真っ暗。同じホームでまだ撮っている。
10分近い待ち時間があったので、窓から見学する。
ライトはあまり強くない。夜のシーンだからなの?
駅名が 「鳴門池谷」になっている。
鳴門をアピールできるからかな?
わたしと同じ車両の乗客は、居眠りしたり 本を読んだり
何時もと変わらず。物珍しそうに覗いているのは・・私だけ?

去年から4本もの映画が、徳島で撮られています。
最初の「バルトの楽園」の時のわくわくが 少し薄れてきました。

しかし、この地はそんなに風光明媚なのでしょうか?
住んでいる者にはわからない魅力があるのでしょう。
たくさん引き出してくださいね。



2006.10.20

近所の柿がオレンジ色に輝いています。すずなり〜

山では、山帰来(サンキライ)の実が真っ赤に色付く頃。
私の地方では、5月のお節句には、
山帰来の葉でつつんだお餅をつくります。

つやつやとした丸い葉っぱは、柏の葉と全然違うけど
柏餅と呼んで、なじんできました。だから、
子供の頃は山帰来のことを、柏の木だと思っていました。

高校の校章が、柏と松の葉と言われて?でした。
ギザギザ三角の葉っぱですねー。
ところで、本当の柏の葉っておおきいですね。

山帰来にはしっかりしたトゲがあり、蔓が長くのびて
庭木にはあまり適さないと思うのですが、
垣根にしているお宅を 見つけました。
ネコも通りにくそう。
防犯にいいのでしょうか?



2006.9.29

私が生まれて育った この徳島県に
たった一軒しか残っていなかった 単館映画館が閉館しました。
シネコンに押されて、一昨年あたりから 次々と閉館していき
とうとう最後の灯が 消えてしまいました。

「徳島ホール」という 今思えば レトロな名前。
そこが いいんですけどね。

私が働いていた放送局の 旧社屋と 同じビルにあり
2階のレコード室を抜けると ホールのロビーに出ました。
地下の食堂に行くのが めんどうな時には
映画館の売店で パンやお菓子を買って 食べたものです。
仕事のあと 映画を見てから 帰ったことも何度か。

時代の流れなのでしょうが、寂しいですねぇ。
今後は 多目的ホールとして 使用するそうです。

 
 
  

2006.9.22

昨日、私としては めったにない 体験をしました。
県教育委員会主催の「ハートtoハート つながるtwoハート」
という公募の 審査委員を務めたのです。

☆☆ 誰かが誰かに手紙を出して・・・
受け取った人が返事を書いて・・・そのやりとり
心と心のキャッチボールを 作品にする ☆☆

なかなか斬新な試みです。
趣旨に賛同し、作品を楽しみに 会場に出かけました。

感動しましたよ。
普段言えない感謝の気持ちを 思い切って言葉に記したもの
美しいイラストや 絵手紙 写真もありました。

ずっしりと 重い内容に 胸がいっぱいになったり
同じ思いを感じ 身につまされたものもありました。

写真家の方、ペンクラブの方、そして絵を描く立場から
不肖 私を入れた 外部審査委員が3名と
教育畑の9人の県職員の方とで 審査しました。
 
838点もの中から選ばれた入賞作は 
さすがと思わせる 秀作です。

11月1日から 総合教育センターで 展示されるそうですから
ご都合のつく方は是非ご覧ください。



2006.9.17

児童クラブで絵本を読んでいますが、だんだん慣れてきて
周囲の様子がわかるようになってきました。
前回、立派なラジカセがあるのを発見!
ならば使おうと思って、BGMをつけることにしました。

一応、アナウンサーなので読むのは上手いです。
(ここは自信アリ)
その上に効果音やBGMがあればもっと良い!
ということで、絵本に合わせて曲探し。

手持ちのCDから選んだので選択肢が少ないのが残念ですが
とても楽しい作業でした。効果音はまたそのうちに・・・

児童クラブで披露したところ、
まず先生が「気持ちがいいですね〜」と幸せそうな表情。
しあわせ〜な気持ちになってもらえるのは、何よりの成功。
また、やります。

大きな台風が近づいています。気をつけてください。



2006.9.13

←先日の「やさしい絵手紙作品展」の様子を少し載せました。
本当はもっと長い廊下に ズラズラ〜ッと展示したのですよ〜。

会場におこしくださった方、お手伝いくださった皆様、
ありがとうございました。
そして、一生懸命制作してくださった 講座生の皆様、
本当にお疲れ様でした。
お盆と夏休みで、ただでさえ忙しいのに、今年の猛暑。
大変だったろうなぁと 思いました。

毎年 同じ時期に発表をしていると、一年毎に
自分自身や周囲の状況の変化を 身に染みて感じます。
去年の作品を見返して、その時の自分の気持ちが
ありありと 思い出されます。
一年の月日が あっという間だということを 痛感します。

来年も 同じ時期に 会場を押さえました。
よろしく〜(^^)v



2006.9.7

映画の撮影現場に出くわしました。
さだまさしさん原作「眉山」のロケをやっていました。

ほほぅ〜ラッキーだわ。アラ、松嶋菜々子さんがいるぅ^^
さすが、すらーっとして清潔な美人。
主人公が新町橋を考え事をしながら?歩いている場面らしい。

・・・・ここでなんとなく違和感あり。

通行人がきれいな人ばっかりなのです。
OLや妊婦さん、中年の女性、自転車に乗ったおにいさん・・・
み〜んなモデル体型の人ばかり。
松嶋さんに合わせているのでしょうね。
通行人でさえ容姿端麗でなければなれないようで・・・

何度も何度も繰り返して、お疲れ様です。

「バルトの楽園」に続いてまた楽しみができました。



2006.9.2

作品展の搬入、飾り付けをしました。
少人数でやるので、少し心配でした。
出来るだけ現場でラクにできるようにと念入りに下準備。
実際はな〜んにも心配なかったです。
皆さん器用で、さっさと手際よく、飾り付けてしまいました。
女性は元気で頼りになりますよ〜。

今回の作品展、自分で言うのもなんですが
充実してきました。お近くの方は是非お立ち寄りください。

夕飯は新物の秋刀魚にすだちを搾って・・・秋だァ。



2006.8.20

冬瓜(とうがん)を頂きました。
大きな大きな、ずっしりと重い、瓜です。
ラグビーボールというより、筒型の 昔の枕みたいな形です。
半分を3軒で分けたのですが
それでも3人家族の我が家では 2食分ありました。
切り口は真っ白でなめらか、種はひっそりと入っています。

味は・・◎ おいしいのです。
柔らかくて、食感は ラ・フランスのゼリーに似ている^^
今まで知らなかったのが 惜しいくらいです。
早速、空き地に種をばらまいておきました。

子供の頃は知らなかった野菜を、たくさん見かけます。
ゴーヤは 一昨年初めて食べました。
ズッキーニは 大好き。見つけたら、即、買う。
ハヤトウリは おかずには?ですが、形が愉快。

←は、児童クラブの子供達と絵手紙をつくった時の見本です。
画用紙の葉書に マッキーで線と字をかき
100円の絵の具で色をつけました。

子供には、型にとらわれず 自由に描いて欲しいのですが
たまには気分が変わって 面白いようです。




2006.8.16

踏切の遮断機の前でぼ〜っと待っていたら
上りの特急列車が通り過ぎて行って・・・ん?・・何か違う。
おお、全車両満員ではありませんか!(2両ですが)
お盆休みのUターンだったのね。
故郷は楽しかったですか?お変わりなかったですか?

私は、毎年やっている阿波踊り演舞場の場内アナウンスを
今年はやらなかったため、暇で気の抜けたお盆でした。

暇にまかせて思いついたのですが、
高校の同級生で 「阿波踊り連」 をつくりませんか?
地元にいても気軽に参加出来る連はなかなか見つかりません。
ならば、作ろうよ!!最高の遊び場だと思いますよ。

私、「よしこの」唄えます。
賛同してくださるなら、これから三味線を練習します。
いかがでしょう。一緒にやろうという(天水)はいませんか?



2006.8.10

猛暑お見舞い申し上げます。

暑さで、ぐったりしてしまう毎日ですが、蝉は元気ですねぇ。
家の周りに木が多い為、電話の声も聞き辛い程の蝉時雨。

一度だけ蝉の羽化を見たことがあります。

数年前のお盆の夜、阿波踊りの演舞場横の植え込みで
ライトを避けるように、小枝にしがみついていた
真っ白い羽化したばかりの蝉の幼虫。

プラスチックのおもちゃかと思ってよ〜く見たら
微かにふるえていました。
うっすらと羽の筋が浮きあがってきて、神秘的・・・
踊りがはけた11時頃にはもう見あたりませんでした。
蝉も阿波踊りのにぎわいに浮かれて出てきたのでしょうか。

盆踊りが近づきました。街は賑わっています。



2006.7.31

東九オーシャンフェリーに乗って、東京へ行ってきました。
四泊五日で二泊は太平洋上という無駄な、いや贅沢な行程。
しかし、船酔いもせず、良い旅が出来てよかったですよ〜

あんな大きな船に乗ったのは初めて!!うれしい^^
天気が良くて、揺れも気にならず、快適でした。

海に落ちる夕日、朝霧のなかにかすむ船影、そして満天の星、
蠍座がしっぽの先まで全部見えましたよ。

帰りは夕闇の東京湾で、街の灯りや飛行機のライトに送られ
ついでに、隅田川の花火まで眺めながらいい船出でした。

ぐっすり眠って、船の中で旅の疲れをとって、帰ってきました。
ゆっくり時間のある時にオススメです。



2006.7.31

今回の上京は、母校のアートセミナーに参加するためでした。

卒業後、ウン十年もたっているのに、すんなり学生に戻った私。
売店のおじさんも同じ人・・・いえ、あの頃はおにいさんでした。

スケジュールの都合で、受講したのは、ヌードデッサン。
モデルさんが本当にステキで、迫力に圧倒されそう・・・
負けないように向かって行った三日間でした。

年に一度は県外で、なにがしかの勉強会に参加していますが
いつもいい刺激をもらっています。



2006.7.21

梅雨末期の大雨が続いています。
大きな被害にあわれた地方の皆様には
お見舞い申し上げます。

今日から、小中学校は夏休み。
早速、学童保育の子供達にあうために、朝から、公民館へ・・

おじいちゃん、おばあちゃんへの暑中見舞いをつくりました。
絵を描いている時の子供達は、
何とも言えない、幸せそうないい顔をしています。
大好きな、おじいちゃん、おばあちゃんの為に一生懸命描いて
明るい、やさしさにあふれたカードができました。
喜んでいただけると思いますよ〜♪

これから40日間の夏休み。お疲れ様です。



2006.7.16

ここ数日、バラバラに発声練習していた蝉が
合唱の体制にはいってきたようです。朝から元気な声!

グロリオサの花が咲きました。
球根を頂いたのは確か5月。今は丈が1mぐらいになってます。
あれよあれよという間に大きくなって2輪も開花。

別名「きつねゆり」と言うそうです。
なるほど〜。絵本に出てくる狐みたいな顔をしている。
こんな、マカ不思議な形の花が、日本で、それも
私が育てて咲くなんて、思ってもいませんでしたよー。

フォックスフェイスという植物があります。
これもマンガみたいな黄色い狐の顔に似た実がなります。

追記・・我が町の今日の最高気温は36.2度だそうです。



2006,7,7

昨日、月下美人の蕾をいただきました。
8時頃、帰りのJRの中で、そっと覗いたら
毛糸がほどけるように、ふんわりとふくらんでいました。
夜中、瑪瑙細工のような白い大輪の花が、
見事に開花しました。
枕元において眠りましたが、朝にはもうしぼんでいました。
月下美人とは、よく名付けたものです。
今日は七夕だから、もう一回、咲いてくれないかな〜

学童保育の子達に絵本を読みに行って
一緒に七夕のおだんごをいただきました。

今夜は南の海上に台風があって、雨模様です。
お身体大切になさってくださいね。



2006,7,1

はやいもので、一年の半分が過ぎました。
今日は、1日、ジメジメ・・・・

9月2日からの絵手紙の作品展に向けて取り組んでいきます。

いよいよ本調子になってきました。

講座のみなさんが良い作品を創るので、
私も刺激を受けます。

たのしみ〜〜!



2006,6,27

昨日までの雨があがって、ホントに蒸し暑い一日でした。
地面から湯気が上がりそう。
そんな中、寒い程冷房が効いたJRに乗って、県南へ・・

目の前に、赤とんぼの群れが飛び込んできました。
まだ六月なのに、夕焼けこやけの赤とんぼが飛んでていいの?
梅雨前線に運ばれてきたのでしょうか?
これって正しい自然のあり方なのでしょうか?大丈夫?

県南では、稲の成長が速く、水田は青々と豊かです。
また、竹林が多く、県北の蓮畑とは景色が違います。
どちらも大好きな風景です。

追記・・調べてみました。アキアカネは初夏に池や沼などの
水辺で発生し、山の上へ移動する。
秋には再び平地へ降りてくる・・・安心。




2006,6.25

小雨が煙る中、今年初めて蓮の花が咲いているのを見ました。
ピンクが2輪、白が3〜4輪。もっとあるはず・・・

JRが蓮畑の中を走っているので窓から眺められるのです。
右の窓下も、左手の彼方も、蓮の葉の海〜〜〜〜
その上を白鷺が飛び交って、美しい世界。

梅雨はうっとうしいですが、私は大好きです。

これから葉がますます大きくなり、花が沢山咲くと
それはもう、絵にも描けない美しさ。

そのあとは、いよいよ夏!




2006,6,20

「バルトの楽園」という映画を観にいきました。
90年前に我が家の近くで実際にあった事を映画化したもので
心やさしい人達の心あたたまるお話です。
地元が全面的に協力し、今盛り上がっています。

ついでながら、夫がエキストラにかり出されました。
銀幕デビュー!!
「これからはムービースターと呼んでくれ!」
ということで、それを確認するために、ふたりでシネコンへ・・・

カットされずに映ってましたぁ〜。思わず
「出たあ!まあ、突っ立ってるぅ!」と声を出してしまいました。
群衆の中のひとりとしてですが、
行商人の恰好で、出演(?)しておりました。
若そうに見えましたよ。

そして、終盤。
ここからが一段と素晴らしいのです。
カラヤン指揮、ベルリンフィルの「第九」の演奏。
映画館の音響が良く、凄い迫力。
エンドロールを流しながら、時々カラヤンのアップが映る。
う〜ん、さすが帝王。音もいいけど顔もいい。

感想・・・エンディングはもっと長い方が良かったと思います。




2006,6,1

三年前から月に一度、歯医者さんに
通っています。
やる気マンマン元気の良い先生で
「これからは、散髪に行くつもりで
年に12回は来てください」との事。

そうよ、そうよ、予防が大事!
定期的なメンテナンスが必要だわ!
と思ってまじめに通っています。

はじめのころは、行くたびに磨き方が悪いと注意され、
月に2度3度行く事もありました。

ところが、この一年ほどは、いつも褒めてくれるのです。
「とってもキレイ」とか「うまくなりましたねぇ。サスガ・・・」
とか、いろいろ・・
嬉しくなって「そうなんです。頑張ってますっ。」
なんてニコニコしてしまう。

褒めてもらえるとやる気がでます。

気になっているのですが・・・
私はちゃんと褒めて子育て出来たでしょうか?
余裕がなくて、よく怒る親だったように思います・・・
ごめんね。

最近は、出来るだけ相手の方の良いところを見つけ
それを言葉にするように心がけております。
でも、お世辞は言いません。

ところで、歯医者さんですが
「80歳、20本をめざしましょうね!」と元気いっぱい。
「はいっ!」と私、ニコニコ。

80歳まで毎月通ったら、たくさん褒めてもらえるな〜。





2006,5,19

雨の中、ミカンの花が咲いています。
可愛い花です。

まるい蕾はまるで真珠。
今の時期、ミカンの木は
幾千幾万の真珠をちりばめた
豪華なドレスのようです。

八朔や甘夏の蕾はやや大きくて長く
涙のしずくの形。

花は、白くきらめく星のよう。

数年前に向かいのミカン畑で
スケッチをさせてもらった事があります。

あたり一面に甘い香りが漂い
風が吹くと、パラパラと小さな音をたてて
花が落ちます。

ミツバチやブイブイの羽音までもが
心地よい、ゆっくりと眠い時間・・・

そういえば、ジューンブライドが持つ
ブーケは、オレンジの花だそうです。

可愛く、清楚で上品。それでいて
強くて丈夫な棘を持っている。
理想的な花嫁像だと思いませんか。

余談ですが、
檸檬の葉は檸檬の香りがするのですよ。
発見した時驚いたのですが
これって当たり前の事なのでしょうか。





葉っぱを落とし
枯れたかと思ったモチの木が
新芽をふき若葉に覆われてきました。

この木は、嫁いだ年の正月に
義父が植木市で買ってきて、
植えてくださったものです。
「庭にモチを植えたら、金モチになる物モチになるぞ。」と笑いながら。

「天国のお義父さん、
お金持ちにはならなかったけど
元気に楽しく暮らしていますよ。
これでいいですよね。」

木を植えることはいいですねぇ。
若葉の頃には爽やかに、紅葉の頃にはしみじみと
植えた人を思い出します。

私も沢山植えましたよ。
植えては枯らし、植えては枯らし・・

それでも、柿は今、若葉が美しく
実はおいしくて上級品。
檸檬は食べられない程の実をつける。
甘夏みかんはもうすぐ花が咲きます。

最大のヒットはアーモンドの木。
早春に咲く濃いピンクの花は
我が家のシンボルツリーです。
アーモンドの花言葉は希望だそうです。

ところで、つばめが2羽ガレージで
巣作りを始めました。
シャッターを閉めていることが
多いのに、どうして?
立地条件が悪すぎますよ〜。

     2006,5,7





筍を沢山戴きました。
毎日食べています。
食べても食べても飽きません。
くださり方にもいろいろあって、
これが結構おもしろいのです。

赤ちゃんぐらいある大きいのを
土付きのままドカッとかかえてきて
「絵に描いてもいいと思うよ」と
置いていってくれた人。
ああ、皮をむくとき良い香りです。
ありがとう。

皮付き筍に、ひとつまみ糠を添えておいてくれる方・・
助かります。
糠なんてさがしても家にはないもの。

ゆであがったのを持って来てくれる方
なんとお礼を言えばいいか。
私もこういう人になりたいと
常々思ってはいるのです。

そして、ワカタケ煮にして
届けてくれた方。
嬉しい・・・
今日なんて筍と蕨のおすしになって届きました。
し・あ・わ・せ

いえ、土付き生筍でも充分幸せです。

       2006.5.4





桜の花びらがはらはらと舞う美しい日でした。
今日、私は公民館デビューをしました。

何のことですかって?

近所の公民館で学童保育を受けている子供たちに
絵本をよみに行ったのです。

たくさんの人の前でしゃべるのが仕事の私ですが
素のままで子供達の前に立つのはドキドキでした
珍しく昨夜はキンチョーして
夜中に目が覚めたほどですから・・

仲良くしてもらいたくて、
キレイなピンクのスーツ着て
胸に可愛いコサージュつけて
気合いを入れて、いざ・・・

持って行った絵本の読み聞かせの他に
呼吸法、発声の訓練を少しと
早口言葉遊びをやりました。

喜んでもらえたかしら?・・心配・・

ちなみにきょうの早口言葉は
「桜咲く桜の山の桜花咲く桜あり散る桜あり」
むつかし過ぎたかしら?

              2006,4,7



今日から四月。新学期がはじまりました。

家の前の桜が三分咲きです。
椿も、ユキヤナギも、花桃も美しく、今が見頃です。

いつもは、お彼岸の頃にちょうどいい咲き加減で
義母への手みやげに喜んでもらえるアーモンドが
今頃になって、やっと咲きました。

一期一会という言葉をしみじみと感じる今の季節。
希望を持って、元気に前を向いていきましょう。
風邪をひかないように、気をつけてくださいね。

              2006,4,1
            


大きな蛤の殻をいただきました。
それも、金の絵の具を内側に塗って絵を描けばいいように
準備をしてくださっていました。

初めて描く「貝合わせ」。

昔のものは「源氏物語絵巻」やカルタを描いたようですが
私は、家にあった大内人形のお様雛と、
ちょうど庭に咲いていた紅白の梅と椿を描いてみました。

雅な時間・・・

良い経験をさせていただきました。
明るく、春の光のような気分です。




我が家には、たくさんのおひな様がいらっしゃいます。
まず、初節句に私の里から贈られてきた
段かざりのおひなさま。
娘がお世話になった土地の名産の、漆塗りのおひなさま。
私が絵を描くために購入した小さな立ち雛。
そして、おばあちゃん手作りのおひな様は
何組もいらっしゃいますよ。

おひな様の飾り方は、
早すぎても、長すぎてもいけないとか・・。
難しいことは、苦手です。

「今年も会えましたね。」と話しかけながら
箱から出す時が幸せです。

2006.3





☆・. .。・:*:゜..・
☆・. .。・:*:゜..・☆・. .。・:*:゜..・☆・. .。・:*:゜




新年おめでとうございます。

明るくまぶしい元旦の空です。
遠く県西部のやまなみには
大晦日からの初雪がうっすらと被り
美しい年明けです。

お元気で新年を迎えられましたか?
災いが多かった去年を振り返って
さて自分はと言いますと、
自身の価値観のようなものが
変化しつつあるような気がします。
今の平穏な暮らしに感謝し
今自分に出来ることは何だろうと
考えたりします。
目の前の一日が大切に思えます。
そして、去年よりは進化した自分でありたいとも思います。

日頃のご厚情に感謝申しあげます。
本年もよろしくお願いいたします。

2005、1、1





ゴルフにホールインワンというのがあるそうで、
数ヶ月前に夫がそれをしました。
なんでも、とっても珍しい、嬉しい事なのだそうです。

しかし、義兄も何年か前に経験し、親戚のK氏もしたし、
「ウチの夫は二度もしました」とおっしゃる方もいて
珍しいけど、びっくりするような事ではないのかもしれません。

ホールインワンコンペというのをすることになったのですが、
義兄の時もK氏の時も
当日は奥方が1日ついてお世話をしたとか・・・

「やだ、冗談はやめてよね。」と思ったけれど
いや、これはよき妻ぶりをアピールするまたとないチャンス!
お茶、おしぼりぐらい配ります。
表彰式の司会もするわ。
メイクもバッチリ決めて、キレイな奥さんと言われたい・・・
と待ちかまえていたのに
「じゃまだから、来なくてイイ」とのこと。
「景品の買い物を手伝うわ」と言ったら
「おかまいなく」とのこと。

結局、私が嫁としてしたことは、
前日にてるてる坊主を作って、吊しただけ・・・

そして、きょうがその当日でした。
良い天気でしたよ。それはもう雲ひとつない快晴でした。

2004,11,9






バスケットの田臥勇太選手がNBA入りしたとか。
よく頑張ったな〜と、心から応援したい気持ちです。

覚えていますよ。インターハイの決勝戦。
あのころから小柄な選手だと思っていました。
NBAではますます厳しかろうに・・・

しかし、夢を追い、つかんでいく姿には感動します。

うちにもバスケをする子がいたので
所属校の応援にはよく行きました。
女の子のチームでパワーはなかったけれど敏捷でした。
一生懸命さが可愛く見えました。

今も食卓の後ろの水屋には
「スラムダンク」の全巻がはいったまま。
主のいない子供部屋には、空気が抜けて柔らかくなった
赤茶色のボールが転がっています。

スポーツに夢中になれる時間は、一般人にはそう長くなくて
選手はもちろんでしょうが、応援する側にとっても宝です。
あとはプロの活躍に夢を託すのでしょうか。

2004,11,3





「今、バスの中。おかあさんと同じ香水の人がいるよ。」
と、遠くに暮らす娘からメールがはいりました。

長い間、同じコロンを使っていました。
香りは記憶の深いところに残ると聞いたことがあります。

人恋しい秋の日・・・
どんなきっかけででも思い出してくれたら、うれしい。

2004,10,2





久しぶりにHPの更新ができました。
八月の暑い暑い日にパソコンが壊れて
修理に行くのも面倒で、退屈だったからいじくりまわして
結局、全ての情報を失ってしまいました。
バカな私・・・。
なんとかやり直して、ここまで出来ました。

2004,10,1








大切な家族の、愛犬「ちゃちゃ」が死にました。
オス犬だけど「ちゃちゃ」。

11年前に、親戚の製材工場の縁の下で生まれた野良犬の子。
丈夫な身体と、素直な心を持ち、
時々哀しい目をする犬でした。
子供達が思春期でピリピリしていた頃、
ちゃちゃがいてくれてよかったと思ったことが、
何度かありました。

ちゃちゃ、ありがとうね。・・・合掌・・・

2004,8,6







夕食後、蛍を見に行ってきました。
車で5〜6分の大谷川で、乱舞が見られるとのこと。
しかし、昨日今日と大雨が降ったため、数は少なめ。

流れる水の音、湿った土の匂い、
蛙やコオロギの声、湧き上がってくる湿気、
かすかにジャスミンの香りも・・・
そして、暗い川の底からふわぁ〜と舞い上がってくる
蛍 ほたる ほたる・・・

幻想的で美しい夢の世界でした。

2004,6,7





不覚にも「冬のソナタ」にはまってしまった。
理由もなく涙もろい毎日。

テレビの放映が待ちきれず、動画配信に加入。
休日はPCにかじりついて、一気に全部見る。
その結果、どっと疲れて寝る・・・この繰り返し。
ヨン様の壁紙貼ったり、ファンサイトを覗いてみたり
ブームに乗った気分が面白い。

今はとてもやさしくなっているので
何を言われても怒りません。

と、浮かれている間にも季節は移り
我が家の紫陽花にも色がつきはじめました。

2004,5,23






今日は、風の強い日でした。
かぶっていた帽子が、あっという間に舞い上がり
クルクルと車道の真ん中へ・・・

「困った」と思う間もなく
とっさに近くにいた二十歳ぐらいの男性が
車のいない隙をみて飛び出して行って
拾ってくれました。

なんて敏捷なこと!

そして「どうぞ」と言って手渡してくれた時の笑顔!
真っ白い歯がこぼれて・・・いいなあ〜・・・

2004,4,28







桜は散り、藤の房が長く垂れ下がって良い香り。
橙、甘夏、レモンなどかんきつ類の蕾が
少しずつふくらんできました。

それなのに去年の実がまだ残っていて
「早く採って」と催促されているみたい。
橙は水分が減って軽くなっちゃった。

地下ではモグラが大活躍。
庭中、網の目のようにトンネルを掘って
上を歩くとホコホコしている。
おやゆび姫が引っ越してきたのかしら。

2004,4,24





桜は満開。
昨夜、おめでたい会の帰り道、夜桜見物をしました。
ライトアップされた公園の桜は
夢のようなたたずまい。

「今宵会う人皆美しき」とはこのことだわ。
と思いながらのひとり歩きが楽しかった。

ところが、もう今朝は無情の雨。
そして、明日から新年度の仕事が始まる。

気を引き締めて行こう。

2004,4,4







暖かい春風にのって、
我が家のアーモンドの花が散りはじめました。
隣のゲートボール場の桜はちらほらと咲き
「春だよ〜」と声をかけてくれているような
穏やかな日です。

こんな明るい日にHPを開設出来ました。
心のままにつづって行きます。

絵は全て私が描いたものですが
まだ、デジカメがないので
スキャナーで撮れる色紙サイズから載せていきます。

それにしても、やっとここまで出来た〜〜!

2004,3,29



花のえがお