spacer42.gif

2008.10.30

shadow_gry_Right.png「iPhone 3G」ソフトバンクモバイルが動き出したゾ・・・

newsphoto1030.jpg
ソフトバンクモバイルは本日、「iPhone 3G」ユーザー向けに、専用のワンセグチューナー兼バッテリーの発売や、絵文字対応、公衆無線LANサービス「BBモバイルポイント」の無料開放などを発表していました。

ワンセグチューナーなどは、いずれサードパーティーからは出るだろうとは思っていましたが、ソフトバンクモバイルから発売されたのは、ちょっと以外でした。チューナー機能だけでなく大容量バッテリーとしても利用できるのはいいのですが、やはり他のワンセグ携帯のように外出時の移動中などに使用するには、ちょっと無理があるようですネ。

あと、11月4日(火)より開始される「BBモバイルポイント」の無料サービス「公衆無線LANし放題」ですが、これは特に申し込みが必要なわけでもなく、「BBモバイルポイント」エリア内にてアカウントを設定するだけで利用できるので大歓迎です。でも、都市部はいいけどウチの地域のエリアはどれぐらいあるのかが問題・・・。

2008.10.27

shadow_gry_Right.png「MacBook」と同じ、アルミ削り出しの「Mac mini」登場?

newsphoto1027.jpg
新「MacBook」の話題もある程度落ち着きを見せたと思ったら、今度は「Mac mini」の存続について、色々と話題を呼んでいるようです。



この「Mac mini」については、アップルは2007年夏頃に「Core 2 Duo」を搭載しアップデートしたのを最後に、長い間ほったらかし状態。ということもあって、「Mac mini」はこのままフェードアウトするのでは?と噂されていましたが、最近になって今度は存続説がチラホラ。

となると、もし「Mac mini」がアップデートされるのであれば、新「MacBook」と同じアルミの削りだし筐体で、もちろん「Mini Display Port」も搭載し、新「24LED Cinema Display」にピッタリのデザインで登場・・・なんていうことを妄想しながら、またまた、あの真田さんのAppleStyle新種林檎研究所を覗いてみると・・・。

オ〜!ほんとにあった。それもこの架空の「Mac mini」、どうも見てもアルミの削り出しやないですか〜。なんという先見性。ということで、ほんとうにアップデートされるかどうかは不明ですが、とにかく「Mac mini」がアップデートされて登場することを期待したいと思います。でも、アルミの削り出しはコスト的にちょっと無理か・・・。

2008.10.24

shadow_gry_Right.png「MacBook」これぐらいのカラーバリエーションは、無理ですか?の巻

macbook_cl.jpg


先日発売されてから人気の「MacBook」、1枚のアルミニウム板から削りだした質感の良さは、相変わらず好評のようです。ただ、私の場合、先日も書きましたが、あのマッドなブラックが無くなり、ポップなホワイトが主力ラインナップから外れたのは少し残念な気がしています。

アルミボディーのデザインで、iMacのデザインとも統一感を持たせているのは分かるのですが、「iPod nano」のあの9色のバリエーションを見ていると、どちらもよく似た質感のアルミ筐体だけに、なんとか「MacBook」カラーバリエーションも9色とはいいませんが、せめて3色ぐらいはなんとか・・・と思ったりしています。

ということで、試しに3色だけですが、カラー「MacBook」作ってみました。「iPod nano」のような深みあるカラーにはなっていないので、、後はアップルさんにお任せしたいと思います(笑)。

2008.10.19

shadow_gry_Right.pngタッチスクリーン搭載のMacは、やっぱり無しですか?

medium_2066550058_2683db15a7_o.jpg
まずはじめに、最近当サイトのデザインやタグなどを少しづつですが、変更修正してはアップしているため、情報ネタがアップされていないのに、更新日が変わっていることがあると思いますが、いつも巡回いただいている方、今後もそこのところ了承お願いしますネ。



ところで先日、新「MacBook」シリーズが発売されたばかりだというのに、次は新しい「 iMac」がホリデーシーズンに向けて4週間以内にリリースされるとの噂も流れていたりで、これからもアップルの動向に目が離せなくなりました。

当然、新型「iMac」にも、今回の新「MacBook」シリーズに搭載された、NVIDIAのGPUや、ディスプレイ・インターフェイス「Mini DisplayPort」、LEDバックライトのディスプレイなどが新しく搭載されることは予想されるのですが、新「MacBook」と同様のモデルチェンジだけで終わるのかも気になるところです。

そこで以前から気になっていたのが、タッチスクリーン搭載のMacのこと。デスクトップでは、すでにHPが画面タッチPCとしては第2世代のモデルとなる「TouchSmart PC」を発売しており、アップルもタッチスクリーン搭載の「MacBook touch」?を発売との噂もあったのですが、結局今回のモデルチェンジでは採用されませんでした。

CNET Japanの記事によるとジョブス氏は14日のインタビューで、ノートブックのタッチスクリーンについて検討はしてみたが、「われわれにはあまり意味がない」と述べたとのことで、どうもタッチスクリーン搭載については興味を示していないようで、この感触では今後も新型「iMac」も含めてタッチスクリーン搭載のMacの登場は無さそうな感じです

最近他社ではネットブック(低価格の小型ノートPC)が多く発売されていますが、もし、アップルがキーボードを省いたタッチスクリーン搭載で安価のノートを作ると、おもしろい物が出来ると思うのですが、どんなものでしょうか。

※上画像は米Gizmodoの、Apple製タブレットPCの想像図コンテスト入賞作品

2008.10.17

shadow_gry_Right.png新「MacBook」のように、「iMac」のキーボードもブラックに?

iMac_bl.jpg
発売以来、いろいろと話題を呼んでいる新「MacBook」、できればもう少しリーズナブルな10万円前後のMacBookがサプライズとして登場して欲しかったような気もしますが、なにしろ、あのアルミ削り出し筐体の質感では、ちょっとコストダウンは無理だったのかもしれません。



ところで、その新「MacBook」のデザインを見て気になったのがキーボードのカラー。というのも、新「MacBook」のディスプレイはボディと一体化させたブラック基調のガラス仕上げで、ほぼ「iMac」とよく似た感じなのですが、キーボードのカラーはブラック。

となると、同じアルミ筐体でブラック基調のディスプレイというデザインの「iMac」のキーボードもブラックでもいいのでは・・・と思ったりもします。ということで、試しにキーボードのブラックバージョン画像作ってみたのですが、どうもアップルらしくない普通っぽいPCのキーボードのようになってしまいました。やっぱり、ホワイトがしっくり来るような気もしますが、皆さんはどう思いますか?

2008.10.15

shadow_gry_Right.png新「MacBook」シリーズ触って来ました・・・の巻。

newsphoto1015.jpg
触ってきましたなんて 、なんか変なタイトルになりましたが 、たまたま大阪に出張だったので、とにかく心斎橋アップルストアへ行ってきました。店内は混雑しているというほどではありませんでしたが、さすがに「MacBook」コーナーはマシンが空いていない状況でした。





さっそく「MacBook Pro」を前から後ろから、横からと眺めたりと感触を確かめてみましたが、結論から言うといい仕事してます。さすがアップルです。筐体はアルミの削りだしというだけあって、高級感がありエッジの部分につなぎ目が無いのですっきり見えます。私以外にも本体を裏返して底面をチェックしている人を見かけましたが、裏側も丁寧な仕上げで、こういうところにまでこだわるアップルのポリシーを感じます。



話題になっているトラックパッドですが、2本指でのスクロール、4品指でのExposéなどを試してみましたが使いやすいと思います。素材はガラスということですが、これは使った感じからはあまり感じませんでした。またこうやって使ってみると別にクリックボタンなんて必要なかったのではと思ってしまいました。




それから実売価格のことですが、早くも私の前で価格交渉されている方がいて、たまたま?聞こえてきたのですが「新商品なので3%・・・」と言っていたと思います。
ということでデザイン敵にはiMacのデザインをそのままノートにしたような感じで質感は文句なし、ただ「MacBook」のマッドなブラックがなくなったのは少し残念なので、渋いブラックアルミ筐体のスペシャルモデルなんか出てくれると、おもしろくなるのですが・・・。

2008.10.13

shadow_gry_Right.pngスペシャルイベントで、超小型ノートのiBook復活?

newsphoto1013.jpg
いよいよ、近づいてきたスペシャルイベント、前回あの真田さんが開設しているAppleStyle新種林檎研究所にある架空のApple製品「Mac Air」を紹介したばかりだったのですが、今度はAPPLE-STYLE CAFÉで、超小型ノートがアップされていたので、引き続き紹介します。



これまで架空のApple製品は「AppleStyle新種林檎研究所」の方でアップされていたので、気がつきませんでした。この架空の超小型ノートは懐かしの「iBook」のネーミングを復活させ、スペックは画面サイズ:8.9型(1280×768)でSSDドライブ、バッテリー駆動時間は9時間(希望)。ボディサイズは、幅25.4×奥行16×高さ2.7で重さ998グラム、価格は64,800円からとのこと。

超小型とはいえ、幅は25.4センチあり、画像を見て分かるようにキーボードはサイドいっぱいまで配置されているので、おそらくフルサイズキーボードに近い感じではないかと思います。アップルは以前から、フルサイズキーボードにこだわってきたところがあるので、小型化するのであれば、このぐらいのサイズが限界なのかも知れません。

今回のスペシャルイベントでは、800ドルのノートパソコンが発表される?という噂も流れていますが、この「iBook」に近いモデルも本当に出てくるかも知れません。ということで、今回発表になるといわれているノート型Macが、どんなラインナップで登場してくるのか楽しみに待ちたいと思います。もし、この小型ノートが真田さんの想定価格の64,800円で登場したら、絶対買うだろな・・。

2008.10.11

shadow_gry_Right.png10月14日発表?の新「MacBook」のディスプレイはこういう感じでいいんですけど・・・

newsphoto1011.jpg
いよいよ、あのスペシャルイベントも近づいてきましたが、今回発表になるといわれているノート型Mac。毎回新ラインナップが発表される度に、気になる新デザインのことを妄想していると、いつも思い出すのは、「Apple-Style」の所長さんが開設しているAppleStyle新種林檎研究所にある架空のApple製品たち。



上画像はノートタイプでは無く「Mac Air」というネーミングの、Mac OS XとiPhone ベースのOSを搭載した、デスクトップPCとタブレットPCを融合させたような架空のマックですが、ディスプレイの質感やデザインは、まさにこういう感じにして欲しいと思ってしまいます。

噂では、新筐体は「MacBook Air」や「iMac」に似たアルミニウムベースになる?ということなので、ディスプレイ側は光沢のあるブラックで表面はアルミ筐体というのが自然なのかもしれません。丸みのある現在の「MacBooK」のデザインは少し古臭く感じるようになってきたので、新モデルは所長さんのデザインのように、もっとシャープな感じになると思うのですが、どんなものでしょうか。

2008.10.08

shadow_gry_Right.png「iPhone 3G」故障、そして交換という、ありがちなレポートの巻

newsphoto1008.jpg
いや〜、とうとう私のiPhoneにもトラブルが突然やってきました。他のサイトやブログなんかで、iPhoneの故障については、いくつか報告されていたのを、まるで他人ごとのように見ていましたが、まさか自分にこんなに早くおとずれるとは・・・。



お昼にSafariを立ち上げようと、iPhoneを取り出すとアンテナが立たず、圏外のまま動作が異常に重くなってしまって、リスタートをかけてなんとかメニューが出ても、やっぱり動作が遅いまま。「設定」メニューを確認してみると通常であれば、「キャリア SoftBank」とでいるところが、出たりひっこんだり状態。

その時はあきらめて、帰宅後にMacとつないで「復元」でなんとかなる・・と思ってましたがうまく行かず、最終的に翌日SoftBankショップへ持ち込むことに。当日ショップで復元(初期化)を行った後も同じ状態で「キャリア」がアップせずアンテナが立たないというハード的障害が証明されたので、即交換ということで交換手続きは約30分で終了でした。

どうも、ショップの判断としては、「復元(初期化)した状態で故障を証明できない限り新品と交換できない」という契約のようですが、私の場合のように故障の状態がハッキリと再現出来る場合はいいのですが、状況により発生する場合や即再現できないような微妙な障害の場合は、即日交換ということにならない場合もあるかも知れません。

ということで、7月に購入してまだ3ヶ月もなってないというのにこの状態。アップルさん、ほんとに大丈夫でしょうか?。最後に、SoftBankショップのサービスレポートの故障内容欄は次のように書かれてましたので参考?までに紹介しときます。

【故障内容】
圏外表示のままアンテナが立たず、何度も再起動が起こる。また緊急発信の画面になったりもする。強制終了や復元を行ったが改善されず。店頭iPhoneとUSIM入れ替えをしたがそれでも同じ症状が出る。

2008.10.05

shadow_gry_Right.png「MacFactory」少しだけ、デザイン替えてみました・・・。

newsphoto1005.jpg
先日、サイトの作成ソフトを「BiND for WebLiFE*2」(BiND2)に、バージョンアップしたことを書きましたが、ニューバージョンに移行してみると、どうもデザインが同じにならなくなって、色々とやっているウチに、最終的にデザインまで替えることになりました。


Macからアクセスしている方は分からないと思いますが、実はウチのサイト、IEでのブラウズが現在エラーになって、できない状態になっております。「Firefox」や「Google Chrome」からの場合はWinからでも正常に表示されているのですが、IEの場合、「BIND」を使って更新を繰り返しているうちに無効なタグ等ができたためだと思うのですが、「インターネットサイトを開けません。操作は中断されました。」でエラーになってしまいます。

今回のv.2.0では、HTMLタグを最適化する機能が強化されているということなので、このバージョンアップで、IEでのエラーが回避されるといいのですが、ウチにWinのマシンは無いので、また後で確認することにします。
ということで、現在はiPhone壁紙やらサイトの変更などで、更新が遅くなっていますが引き続き「MacFactory」をよろしくです。

2008.10.01

shadow_gry_Right.png『Mac Fan』2008年 11月号にiPhone用壁紙が紹介されてますので・・・

newsphoto1001.jpg
もう書店に並んでいるので、お気づきの方もいるかも知れませんが、『Mac Fan』2008年 11月号・「オンラインソフトでおもてなし」のページに、iPhone用壁紙(モノトーンの電球)が紹介されてます。

昨年8月号にデスクトップ・ピクチャ(Mac OS X Leopard)が紹介されて以来なので、1年3ヶ月ぶりということになります。


一時期このサイトの更新は休止状態だったこともあって、デスクトップ・ピクチャもアップできていませんでしたが、コレを機会にiPhone壁紙だけでなく、また、デスクトップ・ピクチャもアップできたらと思ってますので、期待しないでお待ちください。(えっ、誰も期待してない?)