spacer42.gif

2008.11.30

shadow_gry_Right.png万葉集をiPodに詰め込んで・・『万葉集〜ココロ・ニ・マド・ヲ〜』ナカナカいいです。

newsphoto1130.jpg

10月よりiTunes StoreのPodcastを利用した新しいメディアとして配信開始されている「Nippon Archives」の第一弾コンテンツ『万葉集〜ココロ・ニ・マド・ヲ〜』。今日たまたま目にしてダウンロードしてみたのですが、これがナカナカいい感じです。



このPodcastのコンテンツは、これまでに10万を超えるダウンロードを記録したとのことで、企画・運営を行っている「Nippon Archives」が目指すのは、日本伝統の文化、固有の美しい風景、日本人の精神文化などを映像としてアーカイブし、Podcastなどを通して、日本を旅するきっかけを作ることだとのこと。

以前どこかのテレビ番組(NHK?)で、万葉集を現代的な言葉の表現に置きかえ読み上げて、分かりやすく解説する番組を観たことがあるのですが、このコンテンツはそのまま歌を詠んだあと、再び現代の表現に置きかえて詠み上げ解説が入るというパターン。歌の季節に合った日本の美しい風景をバックに、万葉歌と音楽が流れるという新しい形の映像コンテンツで、ゆったりとした気分になれて、ほんとうに心が癒される感じがします。

また、「Nippon Archives」では、今回の万葉集に続いて、京都をテーマにしたコンテンツを現在準備中とのことで、京都好きの私としてはこれも、楽しみ楽しみ・・・。

2008.11.26

shadow_gry_Right.png「LED Cinema Display」にピッタリの「Mac mini」出ました?

newsphoto1126.jpg

以前としてその存続について色々と憶測を呼んでいる「Mac mini」。このままフェードアウトして終わるのか、それともリニューアル・パワーアップしてまた登場してくるのか、ひじょうに気になるところなんですが、やっぱり、ニューデザインで登場してました。あの真田さんのAppleStyle新種林檎研究所で・・・



真田さんは9月にも「Mac mini」を発表されており、この時のモデルは「iMac」のようなスタンドのある斬新なモデルでしたが、今回はあの「LED Cinema Display」にピッタリのデザインで再登場という感じです。前回同様、新「MacBook」と同じアルミの削りだし筐体で表面は光沢感のあるブラック。

たしかに、オールアルミ筐体にアップルマークよりも、このブラックの方がインパクトがありそうです。何も言うことはありません。アップルさん、ニュー「Mac mini」のデザインが決まらず発表が遅れてるんなら、この真田さんのデザインでお願いします(笑)。

2008.11.24

shadow_gry_Right.png「iPhone 2.2」、「Safari」はまだ落ちるけど進化し続ける「iPhone」はスゴイ

newsphoto1124.jpg
アップルが11月21日からリリースを開始した「iPhone 2.2 Software Update」。少し様子を見てからの方がいいかとも思いましたが、とにかく、早く使ってみたかったので、当日早速バージョンアップしてみました。



アップデートされた項目は他のサイトやブログで、詳しくレポートされているので、もうチェックされていると思いますが、私的に気になる第1番目はなんといっても「Safari の安定性およびパフォーマンスの向上」。

とにかく「iPhone」を使うようになってからは、Macでのブラウジング時間が半分になったといってもいいぐらい、「iPhone」で場所を選ばずブラウジングする事が多くなったので、とにかく「Safari」が突然落ちるのだけはなんとかならないものかと思っていました。

今回のバージョンアップで、どうなったのかひじょうに気になるところでしたが、残念ながらバージョンアップ後も数回は落ちてしまいました。旧バージョンにくらべれば安定しているように感じますが、この問題については引き続き改善して欲しいと思います。

その他のアップグレードでは、「Google Maps」 の機能強化、経路の表示だけでなく徒歩の道案内や乗換案内が表示され、現在時刻に合わせた電車の発車時刻や運賃までわかるのは大変便利だと思います。私は京都へ行くことがよくあるので、行き先の神社や寺のブックマークを付けておこうと思いますが、京都市内の観光地は電車ではなくバスで移動することが多いので、バスを利用しての乗換案内が欲しいところです。

また、「ストリートビュー」については旅行先等で道が分からなくなった時などは、交差点でマップと「ストリートビュー」を併用して確認すると一目瞭然なので、とにかく一度やってみようと思います。この「ストリートビュー」機能はすでに、「Android」搭載のスマートフォン「T-Mobile G1」では採用されているそうなので、一度操作感やスピードなど比べてみたいものです。

ということで、今回のバージョンアップによる機能強化や改善だけでなく、毎日増え続けていく「App Store」の各種アプリも含め、これまでの携帯などとは比べものにならないぐらい、進化し続ける「iPhone」というツールは、ほんとうにス・ゴ・イ・・・。

2008.11.20

shadow_gry_Right.pngそうだ、クリスマスはアップルストアに行こう?の巻

newsphoto1120.jpg
昨日、東京出張のついでに「アップルストア銀座」へ行ってきました。少し歩き疲れていたこともあり、休憩もかねて即3階にあるシアターへ。



1時半ごろの入店でしたが、ちょうど「iWeb」のワークショップの途中でブログ開設の手順を説明しているところで、参加者は平日ということもあり10名前後という感じでしたが、なかには「MacBook」持参で、カシャカシャとワークショップの進行と連動して同時進行的に入力されている方がいました。

次のワークショップは「仕事に使うMac」というタイトルだったので、もしかすると「MobileMe」を使って「iPhone」と連携してのスケジュール管理やToDo管理などが出てくるのでは?と期待していましたが、実際は「仕事に合ったMac選び」といった感じで、「MacPro」から始まって「iMac」「MacBook」とそれぞれの機種の特徴を捉えながら、どういう分野に適しているか・・・というような内容でした。

この内容なら、仕事にかかわらずこれからMacを購入しようと思っている方には、機種選択のうえでひじょうに参考になると思うので、タイトルを「あなたにあったMac選び・・」的なタイトルの方が良かったかも知れません。

話しは変わって、写真は別の日に向かい側の「松屋」から撮ったものです。街はこれから本格的なクリスマス・モードになっていくのだと思いますが、私はクリスマス間近のアップルストアに行ったことがないので、どんなクリスマス・デコレーションをしているのか、一度見てみたい気がします。

まさか、赤いアップルのTシャツにサンタ帽の格好をしたスタッフが、赤い「iPod nano」を持って、入口付近で「メリークリスマ〜ス!」って、そんなことはないか・・・。ということで、クリスマスイブとかにアップルストアに行く方がいましたら、誰かブログでレポートして〜。

2008.11.17

shadow_gry_Right.pngそう言えば、ディスプレイのラインナップってどうなるの?の巻

newsphoto1117.jpg
今更なんですが、以前から気になっていた24インチの「LED Cinema Display」。すでに23インチ「 Cinema HD Display」は日本では製造中止となっているというのに、以前として「LED Cinema Display」の出荷予定は、今日も相変わらず11月のまんま。



よく考えてみると、この「LED Cinema Display」は、Mini DisplayPortしか搭載していないため「Mac mini」や「Mac Pro」「iMac」等と直接繋げられず(「Mac mini」はそのうち、Mini DisplayPortを搭載して出てくるかも知れませんが)、表示品質についてはプロ向けというよりは、あくまでも新MacBookシリーズ用のディスプレイといった感じで「MacFan 12月号」の関連記事には次のように辛口のコメントが。

「MacFan 12月号」の関連記事

「LED Cinema Display」はMacBook向けの大画面モニタという位置づけだ。プロが使えないことはないが、光沢感のある液晶や斜めから見た際の色表示の精度などが問題となる場合があるだろう・・・

ということで、LEDを使用したために精度が落ちてしまったのか、それともコンシューマー向けに低価格にしたため、モニタの精度が落ちたのかどうかは分かりませんが、とにかく23インチ「 Cinema HD Display」クラスの後継機と言える高精度のモニタは、継続して販売して欲しいと思います。

2008.11.10

shadow_gry_Right.pngちょっと、ハマってます、iPhoneゲームアプリFieldrunners」

newsphoto1110.jpg
前回に引き続いて「iPhone」アプリの話題になりましたが、最近ちょっとハマっているのがこの有料ゲームアプリFieldrunners」。ゲームアプリのレビュー記事で、結構評判がよかったのでポチッといってしまいました。



このゲームは、フィールドに様々な砲台を設置して、画面左側より右端にある基地入り口に向かって侵攻してくる敵を倒して侵攻を食い止めるというゲーム。プレーヤーは何もないフィールドに特性の異なる4種類の砲塔を建て,基地入り口に向かってくる敵を倒していくのですが、シューティングではなく、効率よく敵を集中砲火するために、砲塔を並べて通路をつくり攻撃を集中させやすく配置して行くのがポイント。

ただ、現在用意されているマップは1種類だけで、BGMや効果音が用意されていないのは、少し残念ですが、アプリケーションの説明には「新しく音や音楽が近日中に追加予定!新しい防衛マップ!究極の破壊力となる新しいタワー!・・・」となってますので、そのうちアップデートされるのかもしれませんネ。

2008.11.07

shadow_gry_Right.pngちょっと便利なiPhone無料アプリMobileFiles」

newsphoto1108.jpg
「iPhone」の無料トップアプリケーションにランクインされているので、ダウンロードされて使ってる方も多いと思いますが、最近よく使うようになったのが、この「MobileFiles」という無料アプリ。



「MobileMe」のアカウントを持っていれば、ユーザ、パスワード設定を行うだけで簡単に「iDisk」に繋がって、MS-Office文書などの各種文書内容を表示するビューアとして使用できます。私が「MobileMe」で一番利用していたのは「カレンダー」によるスケジュール管理で、今では手放せなくなっていますが、「iDisk」の領域はこれまで有効に使えていませんでした。

このアプリがあると「iDisk」に色んな文書ファイルなどを、コピーしてフォルダで分類しておけば「iPhone」から、いつでも気軽に書類の閲覧ができて、ひじょうに便利です。会議中や移動中などで資料が取り出せない時でも、「iPhone」からチラッと確認出来たりします。

閲覧可能なフォーマットは、静止画 (JPEG、PNG、TIFF、GIF、SVG) とMS-Office文書 (.doc / .docx、.xls / .xlsx、.ppt / .pptx、PDF、HTML)などで、画面の縮小 / 拡大、縦/横表示などのマルチタッチを使用した操作も可能です。

ということで、簡単にいえば「iPhone」から「iDisk」の書類が閲覧できる・・というだけのアプリですが、使い方次第ではこれまで、あまり使えていない「iDisk」がこれから有効利用できるようになるかもしれません。よく考えてみると本来、この機能はアップルが提供するべきような気もするのですが・・・。

2008.11.03

shadow_gry_Right.pngAppleマークのデスクトップピクチャ創ってみました・・・

newsphoto1103.jpg
久しぶりに自分のiMac用にと「Macworld 2008」の時に出ていたアップルマークのイメージでデスクトップピクチャ創ってみました。モノトーン系のはメタルっぽい感じで、それ以外のカラーのは旧iMacのようなポリカーボネイトっぽいツルツルした質感にしてみました。



サイズはウチのiMac用に創っていますので(24インチ用:1920×1200)1種類しかありませんが、システム環境設定のデスクトップ設定を「画面に合わせる」で、何とかなると思いますので使ってみてください。